コンデジは新時代なっている。もうだれもみてないかもw
2009 / 05 / 12 ( Tue )



なんでもない写真。

実家に帰り、やることもないので久々に散歩写真。
学校の裏山ってやつです。

さて、まぁどう考えてもこの更新のしなさ
飽きてほったらかしになってる、死んだブログだと認識されても
おかしくないわけで・・・w

仮にも見ていただいている方がいたにもかかわらず
このような有様でもうしわけないとしか
言いようがないですが。


ソレはともかく。久々にカメラに興味を持ったので(オイ

とあるスポーツにはまってるというのもあるんですが、
試合の撮影などのために
やっぱ動画をとれるものがほしいなーと
思っている今日この頃。

しかし、ビデオカメラはなんか両極端というか
やっすいやつもあれば高いヤツもあるというよりも、
どこのメーカーかわからんような
SDメモリタイプのビデオカメラと
無駄にハイビジョン撮影が出来るタイプ。

うーむ。そんなものにあの金額は無理だ・・・

となると、やはりコンデジで十分じゃね?
というような考えに至ったわけです。

ちょーど、最近のコンデジのトレンドといえそうなのが動画撮影機能。
もちろん、動画撮影なんてのはそれこそデジカメ黎明期からあったもんですが、
いよいよ実用性も高くなってきて、
なかにはフルハイビジョンでとれるものまで出てきている。

そもそも、コンパクトデジカメの進化としては、
液晶が標準搭載されてからというもの
手ブレ補正がトレンドになり、
顔認識がトレンドになり
28mm相当の広角がトレンドになったりと
まぁいろいろなブーム的なものがおこりつつ、
最初は一部機種にしか搭載されてなかったものが、
そのうちどのメーカーも搭載するのが当たり前になった機能というものが
ほとんどであったのが今まで。

そのせいもあって、100-300万画素クラスが
メインであった頃のほうがよほど個性的なカメラがたくさんあって、
およそ600万画素以上にが主流になったあたりからというもの
まー、どのメーカーもそのうち同じようなカメラがでてくる
というような状態になっていた。

まぁそういうこともあって、正直あーんまりコンデジに興味がなかったというのはあったりする。

ところが最近状況が変って、明らかに個性を出してきたような気がする。

というよりも、やはりどのメーカーも同じ・・・
という時代にかなりデジカメ事業自体がエライ事になってたメーカーが
多数あったことがそうさせたのは間違いない。

やはりどのメーカーも機能的に変らないとなると、
価格だとかブランドだとかで勝負がつく。
その点で弱いメーカーが割を食っていた。

そこでどうしたかっつうとやっぱ個性を出すしかないってなことですわな。

サンヨーはもともとそうでしたが一貫して動画デジカメ。
生活防水のオリンパス・・・だったのがやっぱ普及機とタフシリーズで別の方向に・・・
とかまぁそんな感じですよね。

ここ数年で方向を見せ始めたのはリコー、カシオあたり。
リコーはGRデジタルをあててからというもの
全体的にメインの10倍ズーム機も含めて一貫した
落ち着いた高級感を出したデザインで統一という感じ。

カシオは高速連写などを売りにしたハイスピードデジカメ。
単なる高速連写ならそれこそオリンパスのUZシリーズなどが以前からやっていたが、
当初ソレ系のイカツイボディではじめたカシオだったが、
一般的なコンパクトデジカメタイプでもハイスピードを売りにしたモデルを投入。
コレは非常に面白い試みだと思う。
ただ、それほどがんばったわけでもない。
普通の考えでは、やはり高速連写とかを考えると
高倍率ズームがあったほうがいいだとか、
本格的なレンズ性能が・・・とかいうことを
安直に考えたために、いままでそういった
イカツめのボディにしか搭載されなかった機能な訳だが、
よくよく考えてみれば、コンデジタイプでも
そういう需要があるんじゃない?ってことで
入れたのが良かった。

リコーにしてもカシオにしても元はいわば
ハイエンドモデル向けのコンセプトを
いっぺん落ち着いて考えてみれば普及機でも
そうしたら結構いけんじゃね?
というような流れで現在に至るわけだが、
とてもすばらしい商品開発だと思う。

もはや、一般的なコンデジについては
カメラブランドとしてやはりなんだかんだで
強いキャノン、ニコンという存在があり、
また黎明期以降から現在まで手ブレ補正、広角というトレンドの立役者でもある
パナソニック。
信者も多いブランド力のあるソニー。

こんな猛者どもの中で同じ様な事して勝負しても
なーんもいい事が無い。
個性の無い機種でも勝負できるブランド力のあるメーカー以外は
独自性を打ち出すことで生き残りをかけるのが一番いい。
これはどこの業種でも言えることだと思うが。

そんなこんなで、結構興味深く見守れる
いわば、健全な状況になってきたデジカメ業界
そんな風な事を思ったわけです。

んで!もともとの私の用途的に気になる機種はなんと言っても
カシオのEX-FC100。

発表時から気にはなっていたものの・・・

カシオにとって最初のハイスピード機である
EX-F1ももちろんここでも取り上げたとおり
注目していたわけだが、やはり値段もあるものの、
デジタル一眼レフは持っているし、できることなら
補完するためにもいわゆる一般的なコンパクトデジカメが欲しい。
出来る事ならもって行く事が苦にならないものが欲しいんですよね。

そうなるとFC100かFS10ということになり、
あとはやっぱり手ブレ補正は欲しいよね・・・とか、
ズーム倍率と動画機能を考えるとFC100かなと。
価格コムでの最安価格の差もほとんど無いし。

もちろん、そもそも興味を持ち始めたキッカケである
動画機能についてはサンヨーという老舗もあるし、
最近ではパナソニックのFT1も魅力ではある。

んがしかし、この中から差を考えていくと、
サンヨーは正直特にコレといって動画以外にそそられるものが無い。
FT1は防水や広角レンズなどは魅力ではあるのだが、
やはりカシオのハイスピードムービー機能が非常に魅力的であると感じた。

防水なんてのはあればいいが、なくて困る状況が
どれだけあるかと聞かれると、私の場合ほとんどない。
海に行ったとき・・・なんて年に何回も無い。

やはり考えるべきは今はまっているスポーツのために活かしたいという点。
その点では、試合の撮影という目的であれば、
フルハイビジョン動画である必要はまったく無い。>ザクティじゃなくてもよい
動画撮影時間としてはFT1の方が圧倒的に優れているが、
1回の撮影につき4GBまでという制約があるもののFC100でもとりあえず1ゲーム撮る分には問題ない。
その点、下位機種のFS10は動画撮影時間が10分までという制約のため
これではさすがに1ゲームも持たないことになるので私的には却下。

決め手となったハイスピードムービー機能だが、
これはなんと言ってもフォームの分析にとても役に立つ。
それが、とても魅力に感じたという理由。
スポーツは、まぁいろいろありますが
スウィングのフォームが非常に重要になるものがある。

といっても、私がやってるのはゴルフではないがw

ということで、今個人的にもっとも注目の機種がカシオのEX-FC100。

信者的にオリンパスも一応考えたが・・・

いや、動画もぎりぎりいけそうだけどさ・・・
xDピクチャカードじゃぁやっぱきびしいっすw
動画撮る場合はやっぱ大容量のメモリがほしいですからね。


つっても。買うかどうかはまだワカランw
機能談義 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
チョイと気になったペンタックスの夢
2009 / 04 / 11 ( Sat )



開発中止がアナウンスされがっかりされた方も
いらっしゃったことでしょうが、
早くも?開発が再開されたようで。

やっぱでーかいっすねぇ・・・

んでも、被写界深度の浅いのを撮りたいってなると
どうせなら中判以上で楽しみたいなーんてことを
思ったりします。

ただ。それだけのために買えるようなしろものではないのでねw
PIE | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今年のソニーは?
2009 / 03 / 31 ( Tue )






昨年中はE-420と520でなんとかシェア3位いけるか?
と思われたオリンパスだったが、
ソニーがまさかの大躍進をとげ・・・

そんなソニーが今年はこんな感じでしたと。

やたらとサッカーです。

階段上がったところにα900と望遠レンズの組み合わせで
セットしてあって今年はスポーツ写真に力を入れるってこと?
というか、そういうことじゃなければおかしいぐらいとにかく
サッカー日本代表のユニフォームでモデルから中の人までそろってるし
そういう戦略なんでしょうな。

ま、たしかに現在のソニーで望遠って?
って感じだし、スポーツ写真なんて一体全体どのカメラで撮ればいいの?
って感じ。

フラッグシップのα900はスポーツ向けって感じじゃないですしね。
解像度重視のフルサイズだし、連写性能だって特に優れてるわけでもない。
また、レンズの超音波モーターについては
ペンタックスとともに一番遅れている部類というのが私の認識。

んまぁオリンパスだってそれこそ鳴り物入りで12-60mmに始めて搭載したSWDだが、
結局この期に及んでもその次に搭載された50-200SWDと、14-35mmの
たった三つのレンズにしか搭載されてないわけで、
威張れる内容では決してないとは思いますがね。

とはいえ、12-60mmの猛烈な速度はいまだ色あせず
最速も眉唾ではないと思わせてくれるものなだけに、
まーたのんびりしてたらおいてかれるぞーと思うわけです。

せっかくツインクロスセンサーとSWDで一気に2強にも負けず劣らずといえるほどの技術を見せ付けることに成功したのはいいが、
どうもその後がつながらないという感じがもったいない。

そんなことをしている間に、ソニーにはコンシューマでしてやられ、
今年はいよいよ、ソニーにとって、というかは
2強以外には無縁といっても過言ではないスポーツ写真の分野へ
ソニーが殴りこみということであればうかうかしていられない。

だーいぶ前から提案していることだが、
フォーサーズという規格上どうかんがえても
高画素化については不利で、逆に高速化については
ミラーの大きさなど考えると有利なのではないかなと。
もちろん、望遠の優位性も当然きいてきますから
スポーツ・・・あくまでもネイチャーだとしても
鳥だとかもあるわけですしなんとかがんばってもらえませんかね?

もちろん、当面は小型軽量を活かしてスナップはオリンパスといわれるぐらい
その手のユーザーをがっちり奪っていくというのは
必要でしょうが、一桁機、二桁機を今後も魅力的に進化させるには
無視できない要素である事は間違いないでしょう。

ま、今年はソニーさんががんばってスポーツ写真分野を開拓してもらって、
それにオリンパスが対抗心を抱いてくれればありがたいんですがね。

そんな期待を抱きつつ、ソニーさんは動画のほうどうするんでしょうかね?なーんて。
キャノン、パナソニック同様ビデオもやってるメーカーが
このまま黙っていて良いんでしょうか?

まぁ、そのうち何かわかるかもですが・・・
PIE | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今年のPIEはなんと言ってもこいつでしょう!
2009 / 03 / 28 ( Sat )






GH1。
平日昼間に行ったにもかかわらず常に人が並んでるような状態。
注目度No.1といっても過言ではないでしょう。

んで、14-140についてですが、
話どおり動画撮影中の絞り動作は非常に自然で
コレは十分実用レベルと感じました。
AFもほんと当然のごとく動作しますしね。

これはまたすごいもんを出したな・・・


そして注目のレンズ7-14mmF4ですが、
さすがに歪曲がどうだのなんて批評はいたしかねますが
(ってかもともと歪曲なんてのには無頓着な方なのでw)
なんといってもむちゃくちゃ小さい!

あれはやばすぎる小ささ。
これぞマイクロフォーサーズの真骨頂というべきレンズと思われますね。
ZDの7-14mmF4とか比べちゃダメですよ当然w

どっちかってーと9-18mmと比べるレベルのサイズ感。
値はさすがに張るようですが、とはいえGH1と組み合わせて
ハイビジョン動画がこの画角で撮れると思えば凄まじくお買い得といえると思います。
さすがに動画中のAFはダメなんでしたっけ?
つっても超広角ですから、正直
ピントなんてもんはドンだけのもんじゃい!
といえないですかね?
他にないんですもん。こんな画角でハイビジョン動画とる手段が。あります?
あったらごめんなさいw

また、当然動画に使わないとしても20万は行かないわけですから、
スペック的には静止画オンリーでも十分価値があるわけで、
ましてZDのそれみたいなかなり覚悟がいるドデカレンズじゃないとなると。

あーほしい。
なんちゅーレンズつくっとるんじゃ・・・

まぁあっしのような貧乏人には9-18ですな。
つってもコレも買えねぇよw

GH1につけて液晶越しに映像見てると、
液晶がワイド液晶なもんですからかなり感動的なんですよ。

あー。でもあんまり動画には興味ないので・・・
というかは、そんなもんを扱えるPCじゃないのでw

そうは言っても例のオリンパスの方のマイクロフォーサーズ機・・・
それと7-14mmだっていいわけですからねぇ。
そんなスナップカメラもいいよなぁ・・・

やっぱ写真派ってことと、
画作り的にやはりオリンパスかなぁってのもあるんで、
GH1も魅力なんですがオリンパスマイクロフォーサーズに期待ですねぇ。


どうしよう。ほんとこれですごいもん出てきたら。
ほんとどうしようw

オリンパスさん!お安くお願いします!

あと、もしかしたらフォーサーズブログから
マイクロフォーサーズブログになるかもしれません。(半分ぐらいマジかもw)

え?大して変らん?


んま!いずれにせよ、昨年以上に今年こそは飛躍の年なんじゃなかろうかと!

GH1しかり、オリンパスマイクロフォーサーズしかり。
もちろん、フォーサーズの看板役者といえるE-620が出たこともそれを予感させます。

昨年は420,520の内容が悪くなかっただけに期待したものの、
遅れてやってきたE-330のパクリ機種みたいなもんに
いいようにやられてしまい、いつの間にやらシェア3位など夢のまた夢みたいな事になってますからねぇ・・・

やはりソニーブランドをなめてはいかんと。
ま、そのソニーは今年は一休みなんじゃないかなぁ?なんて思ってるので・・・
まぁその辺は次回書こうと思います。
PIE | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
パーイPIE!(寒っ
2009 / 03 / 27 ( Fri )













ってなわけで恒例のPIE行ってきましたとさ。

現地に着いたらちょうど、桃井タンと志穂タンが製品紹介かなんかやってました。

さらにちょっとしたら、スケートリンクなんぞを用意するという金のかけ方で
浅田舞もでてくるもんだから
黒山の人だかり。

んなもんですから、E-3のバリアングルモニタが大活躍!

つってもズミルクスしかもってきてねぇよw
まあいいかw


間違いなくこの時間帯はオリンパスブースに一番人が集まってましたな。

さてさて、PIE関連記事最初を飾るのはやっぱりE-620情報ってことで。

発表されたあと試し忘れたのでちゃーんと位相差AF試してきました!

つってももう発売してるし誰も気にしてねぇかw

まぁ一応中の人にも話は聞いてきたので。

最初おいてあった14-42mmとかじゃぁ正直早いのかどうかよくわからんかったので
レンズ交換できるところに行って12-60mmをつけてやってみた。

しっかりとズバピンと早い動作を確認しました!
これはもうやばいね。

つか、E-3につけたときよりもはやくね?
まぁ気のせいだろう・・・と。


中の人に話を聞くと、E-620はE-30とほぼ同等とのこと。
もちろん、測距点の違いはありますが・・・
という感じだったので、速度とかAFの処理系に関してはE-30に見劣りすることはなさそう。
実際触った感じからもそう感じられた。

といってもやはりクロスになってない測距点は
この暗い会場ではもたついたりなかなか合わない事が多いようだが。

ちなみにE-3からE-30はどうなのよ?と
聞いてみたところ、実はセンサーも違うし
とにかく電子部品類はE-30の方が新しいだけに
この辺は上回ってますなどという事を言われたw

まぁそれは仕方がないか。1年以上たってんだしね。

仕方がないってのもおかしな話で、ちゃーんと進化してるってことです。
まぁボディ剛性とか何よりシャッターユニットのすばらしさは
明らかに越えられない壁がありますけどね。
初めてE-30のシャッター切った時は
フォーサーズなのになんじゃこのミラーショックは・・・と思ったもんです。

と、脱線しましたが、
それだけAFは優秀なだけに欲を言えば
11点・・・とまでいかなくても
端っこのやつもツインクロスにして欲しかったと
思いたくなる。
どうも中心の5点は近すぎる気がするんだが。
この辺がどうもねー。
やはりまだAFに置いては微妙な気がする。
ただ、中心しか使わない人にとってはどうでもいいことでもあるし、
やはり今回の3桁機として最高のAFが搭載されたってのは
よろこぶべきことであることは間違いない。

なんつっても、このサイズでこのてんこ盛り機能搭載ですから、
まぁ文句つけるってのはバチ当たります。

欲しいです。


ま、金ないんでどうしようもないですが。


あと、縦グリですが・・・

ほんと縦グリつくる才能だけはないな。
オリンパス。

まずダイヤルがE-410,510のメインダイヤルよりヒドイでき。
というか、オモチャかと思った。

オマ・・・こんなもん回す気にならんわwwww

あと、縦グリの厚みがやたら分厚いんですが、
こんなもんなんですかねぇ?

E-3のグリップ(縦グリじゃないです)より分厚いですよ?
もちろん、E-3のは最高のグリップだと思ってるぐらいいいデキなんですが、
当然厚みとしては3桁機とは違うわけで、
といってもちょうどいいわけです。

んで、男の俺が持ってみてもてあますほど
分厚い縦グリなのがE-620用縦グリ。
どういうつもりなのかと。
立たせるためにあえてってことですかね?

まぁあんな縦グリぜってーかわねーから
どうでもいいけどw
PIE | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ