今年の総括とかいいつつ雑誌ネタ
2008 / 12 / 31 ( Wed )



都会のランチ
曇天光で青くなってますけど、それはそれでそのまんまでいいかなと思い、
あえてそのままにしてみました。
被写界深度が無駄に浅いですw

E-3とズミルクス

えー、気づけば丸一ヶ月なにも更新しないという体たらく。
ホントすいません。

言い訳するとしたら、やはり師も走ると書いて師走。

クリスマスやら忘年会やら仕事納めやら
飲み会やら飲み会やら
ボーナスがでたから買い物やら買い物やらw


不景気もなんのその。後先考えない若さあふれる年末を過ごしていたわけですw

アホです。


宣言どおりソファ買ったわけですよ。
部屋せめぇのに3人掛けw
なんだよこの部屋って感じになってますw

んで、まぁそれはいいんですが、
今度はそれだけデカイもんですからあんまり部屋の真ん中に置けないわけですね。
そしたらテレビっつうかこのPCでテレビ見てるんですが、
この距離で14インチだかの液晶ディスプレイでテレビ見るの辛いですw

とか思ってたら、大不況到来のせいなのかなんなのか
液晶テレビ激安時代到来・・・つか、すでに到来していたと思ってたんですが、
さらに想像を絶する安さになっていたので
ボーナスもらって訳わかんなくなった若造がそれにも手を出した始末。

そんなこんなな最近な訳です。
どうでもいいですねw


んじゃぁ雑誌をこの大晦日にちょろっと立ち読みしてきたので
また下品な立ち読みしてきた内容を記憶して記事にするという
ふざけた記事を書きます!


といっても、印象に残ったのは

なぜか表紙がチチもろだしのアサカメと(中は見てないw)

出版業界不況もなんのそのの、何考えてんのか分厚いDCM(デジタルカメラマガジン)と

やっぱり年末もお馬鹿記事だぜカメラマンの三本立て!


といっても、アサカメの中は見て無いので表紙がチチもろだしぐらいのことしかいえませんw(ホント下品だな)

DCMはというとさすがの大ボリュームでフォーサーズ信者としては
オリンパスのレンズマイスターだったかのインタビュー記事は
やはりオリンパスのレンズ作りは尋常じゃねぇ・・・とか
あらためて鳥肌からナニからたたせてくれる内容。
他にもここ10年だかのエポックメイキングなカメラは
なんざんしょ?という内容のもので
特に高橋良輔氏が3機種中2機種がオリンパス機という
隠れオリンパス信者っぷりを披露。(あんま隠れてないのかなぁ?)
べつに特別にオリンパスと契約しているというそぶりを見せない彼だが
ことあるごとに評価して下さっている気がする。

そもそも、本人も今年のPIEにたまたま間近で見かけたがやはり
いかにも厳しそうなオジサマ。
他人にも自分にも厳しそうな人だ。
記事についても以前書いたとおり似たようなレンズの比較記事をやってらっしゃるが、
その内容もいたってマジメなものでかなり参考になると思っている。
なんとも職人気質な雰囲気を醸しだす、個人的に好きなカメラマンの一人である。
(決して彼のアシスタントにつきたいとは思わないがwホント厳しそうだものw)

その彼がやはりE-1からダストリダクションシステムという
最初から完璧なシステムを搭載してくる当たりすごすぎると絶賛。
さらにE-330のライブビューへの挑戦は後に影響を与えたと絶賛。

たしかに、いま新たな機能として動画なんかも出てきてますが
やーっぱし半端というかホントまぁとりあえず的な搭載だけども、
ダストリダクションについては初代であるE-1からほぼ完璧といって
差し支えないほどの圧倒的な完成度を誇っており
未だ他の追従を許さないのだからそれぐらい褒めてもらっても
当然といいたくなるほどのすごいことなのだが、
いかんせん、機能自体は地味な機能であるからどうにもこうにも・・・

実は、私の得意先の方も一眼を買うとおっしゃい、
私が相談に乗ったのだが、やはりオリンパスを無責任には勧められなかったです・・・
せめてE-30にも載ったAFがE-520に載っていれば・・・
つか、後継でぜひとも乗せて欲しいわけです。
これさえ載れば猛烈な勢いで推薦します!という状況。

やはり、初めての一眼で運動会とかも撮りたいんですとか
言われちゃうと、さすがに3点AFの520をどうやっても押し付けられません・・・
いや、結局真ん中しかつかわないっすよとか言いたいところですが、
それにしたって、やっぱE-3、E-30クラスのスピードも欲しいわけです。
ぜひとも来年はエントリー機種にもあのAFを・・・
11点といわずなんだったら5点ぐらいでもいいので
スピードはE-3,E-30クラスってことでほんとお願いします。
営業サイドからのお願いです。(なんの営業してるんだ俺はw)

いやね。どうせキャノンにしたって早いだけで精度が(ry
一見その手のことにうるさくなさそうだと思っていた我が後輩が
しかも、ネットでのこの手の噂とか絶対知らないコなのにもかかわらず
「なんでキャノンってあんなピントあまいんですかね?」とか言う始末だからまぁ
多分そうなんだろうけど、それにしたって、
キャノンだったら言い訳できてもオリンパスだったらなんか
俺だけのせいって感じじゃないですかw

マイナーなメーカーを素人に勧める以上、そこには責任が伴うわけです!!!
となると、一ユーザーが自信を持ってオススメできるそんな、
そう、Kissなどという、名前だけで敬遠されるような機種なんぞに
負けて欲しくないんですよ!!!!

ホントねぇ。キャノンさん。あの名前マジ何とかしてよ。
結局最終的にじゃぁやっぱKissFかKissX2がいいですね。って結論にいたるんですよ。
俺が素人の方にオススメする時はね。
だって、ニコンはD40,60じゃあ同じ3点AFですし、
それ以上となるとD90になっちゃいますからねぇ。
その時点でもうKissFかX2になっちゃうんですよ。
なのにもかかわらず、コノ名前。どっちかだけでもなんとかせぇよw

まぁ、おかげでシェアとりきれないんだと思いますけどね。
今度の取引先の方も、ほぼその理由でニコンにしてますからね。
どう考えても機能的にはKissの方が。というかKissで十分で
でもD60じゃぁちょっと・・・ってな人なのに。
しかも予算だってD90余裕で買えるような人でも無いのに。
名前だけで確実にこの手の層を取り込めるのに。

いいじゃん。車みたいに中身いっしょだけどちょっと外装と名前だけ
変えて売りだしゃぁさ。
なんだったら、名前と刻印だけかえりゃぁ済む話なのに・・・

まぁいいです。そんな事されたらなおさら太刀打ちできなくなりますからね。


つーか脱線しすぎ。

まぁそんなこともあったんですよ。

んで、最後の〆はやっぱりカメラマン。
最近フォーサーズ向けにも発売が決まったシグマの50mmF1.4ですが
ニコンも負けじと。というかフルサイズ機出したんだから当然の責務として
50mmF1.4をリニューアル。
ってなことで、このあたり気になってる人もいるでしょうってことで
コレの比較記事。

やるじゃん。

と思いきや、最初のポートレートの比較の時点で
はっきり言って何の違いも見出せませんw
あのサイズの印刷でどれがどれかわかったら神すぎます。
まぁ。それは紙面上仕方の無いこと。
あの印刷クオリティではもっとでかくしたところで違いが
あったかどうかも怪しいところですし。

なーんてちょっくら考えていて次の周辺減光についてのテストをみても
ほとんど違いが無い。なーんじゃこりゃ。

おかしいな。と思い、その記事の導入部をあらためて読んでみると
「記事を書いたときにD3xが未発売だったためD300でテストしました」

頭おかしいんじゃね?w

いやいやいやいや。
なんでD3じゃダメなわけ?
なんだったらD700でもいいでしょw
D3xがどうのこうのなんてのは
フルサイズで撮らなかった理由にならないんですけど。

今この記事書いてても不安になりますよ。
間違ってたらほんとにすいません。俺の目がおかしいんです。

って言うぐらい信じられない、意味が分からない記事。
そんなありえないことがあるのかというぐらい信じられないので・・・
機会があったらもう一度見てみます。
私の見間違いであって欲しいとすら思います。

そんな大晦日。

来年はオリンパスのマイクロフォーサーズ機やら
上記のエントリー機がモデルチェンジするとしたら
AFがどうなるか?など楽しみになりつつ、今年も一年ありがとうございました。


ということで。2008年書き納め。
雑誌ネタ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |