ガチンコっすねぇニコンさんw
2008 / 08 / 27 ( Wed )



まずは遭遇。
WBとか若干ミスったのはご愛嬌ってことでw
この日はE-3とパンケーキ&70-300mmという組み合わせで。

標準域はパンケーキに任せて、いざというときのカバーに70-300mm。
12-60mmとの組み合わせほどの何でも撮れる感はないものの
お手軽さは圧倒的に向上。それでもって、学生時代に取った杵柄というか
とりあえず標準レンズ一本であらかた何とかしてしまおうと思えば
なんとかなるだろうといことで、パンケーキと超望遠という
組み合わせもありかなぁ・・・と。

首輪にも名前がある飼い猫さん。
このこ、こう見えても人懐っこくてありがたかったですけど。
しゃがんだ俺のひざにスリスリしてきたり・・・
まぁぼちぼちうpしますんで。


んでは本題。
昨日キャノンさんが50D発表したかと思いきや、
間髪いれずにニコンさんがもろ競合のD90を発表。

まぁ、正直D80は連写性能にしても3fpsだし、
シャッタースピードも1/4000までと
中級機というには一歩足りないという感じの性能でしたが
(んなこというとD80愛好者は怒るかもしれませんがw)

とはいえ、わかりやすい指標としては
1/8000以上のシャッターが切れる事と5fps以上の連写性能ってのが
中級機以上の一般的な性能なのかなと。

そんなもん!とおっしゃられる方もいるかもですが、
正直、画質についていまどきエントリー機種と
中級機であれば、それほど差がないので・・・
あえて、スペックのなかでわかりやすい線引きをするとすれば
この辺のスペックを基準にするのがわかりやすい上、
大口径レンズを明るいところで使ったときの表現可能性の
幅の広さだとか、動き物に対する適応力だとか・・・
そういった点で考えればファインダーだの防塵防滴だのよりは
中級機の指標としていいのかなと。
まぁここはあえてそういうことにしておきます。

んで、そのうちの連写性能では5fpsまではいかなかったものの、
4.5fpsを達成。
SSは最速で1/4000どまりだが・・・
こんなところケチる意味がちょっと分かりませんが、
まぁニコンさんにもいろいろ大人の事情があるんでしょうし、
あえて50Dとはがっちり組み合うのは避ける意味でも
それよりはやはりすこし下ぐらいの
狙いというのは30D、40Dに対するD80のような
ポジションどりは相変わらずということなのか。

その辺を考えるとより近いライバルはK20Dあたりなのかも知れないですが、
各社微妙に個性があるって感じで、まぁ空気読んで
ちょっとずつ違うってのもそれでいいんでしょうけど、
そもそもメーカー固定してる客からすれば
SSとかはやっぱ不満がでかねない可能性も・・・

まぁ、記録媒体もD80を引き継いでSDですし、
やはりその辺ポジション的には中級というよりも
D60、D40系からのステップアップを強く意識した形なのでしょうかね。

当然のごとく、ライブビューは搭載。
しかも5人までとはいえ顔認識も載せてきた。
まぁ、しょせんこうなるわけですよw

しかし、今回の目玉はなんといってもやってしまいました。

というか、やられてしまいました。


動画が撮れる!!!


あーあ。さきにやられちゃったw
マイクロフォーサーズざまぁwwww

って言ってる場合かw
まぁ、どのみちマイクロフォーサーズは一眼レフじゃないですし、
つってもE-330の時点でこの程度やってもよかったのにね。

ライブビューをD300に載せたときもそうでしたけど、
大概ニコンさんてこういうもんのまず一発目ってホント
お得意の突貫工事のように見えかねない機能搭載してくるからなぁ。

ナニがアレかって、動画撮れるのは素直にすばらしいですよ。

でも、AVIはまぁ良いとして(圧縮ナシもいるんでしょうし?)

いまどきMotion JPEGてアンタw

ええ。ええ。しょせんそんなの負け惜しみですよw
それにコンデジのほとんどが所詮いまだに
とりあえず的な扱いでほとんどがMotion JPEGですけどねw
(つってもかけられるコストも違いすぎますしねぇ・・・)

とはいえ、正直この実用性の微妙加減がほっとさせてくれます。
AFの問題もあるでしょうし。
(ライブビュー中のAFについては
現時点で最遅は間違いなくニコンですし・・・)
(追記・・・ 

やっぱMF専用かよ・・・そのくせ
>被写界深度を浅くして、通常のビデオ撮影では表現できない一味違った動画を撮影できます。

だもんなぁ・・・)


それに、散々オリンパスが慎重になってきた理由の一つでもある
ゴミ問題。
一応、D300相当のゴミとりということで、何の期待も出来ないわけですがw
それで、動画とかやっちゃって大丈夫なのか?

そして、もう一つ。
ライブビューを各社搭載し始めたときも散々言ってきた事ですが、
D300と同等のCMOSだが省電力化はした・・・というものの、
ライブビューを見込んで作られたLiveMOS。
それと比べてサイズからデカイのに撮像素子の耐久性は果たして?
特には長時間露光、稼動させることによる発熱など
本当に大丈夫なのだろうか?

幸い、D300ではあまりの使い勝手の悪さに(ry

いやまぁ、とにもかくにも私が散々叩いた、
ニコンのライブビューですが
ちゃーんとライブビューボタンつけてきた当たりえらいねぇ。
D300の時はあんな変な方法でライブビューとか
何考えてるのかと思いましたが。

とはいえ、これで散々ライブビューなり
ヘタをすると動画撮影でも使い倒される可能性が出てきたわけで
撮像素子が逝っちゃった!とか、そういうことがないことを祈ります。

あと、動画撮影してたらなんかボディ内のゴミが
吸い寄せられていくんですが・・・
とかもないことを祈りますw

まぁいろいろと楽しみな事がたくさんあるわけで、
はやいこと発売されていろんなお話を聞きたいですw

いまから本当楽しみでなりませんね。
D60はちょっとつまんなかったので、
ニコンさんとしてはかなり冒険してきたなぁとw
いいですよー。
オリンパスはどちらかというと革新的なことをするとはいえ、
ちゃーんとそれにいたるまで順序だてて、

たとえばライブビューにしてもE-300で、これなら
もう一個CCDいれられそうだな・・・とか。
ゴミとりについても、ライブビュー、動画の事も考えると
やはり重要だろうという事があったでしょうし。

ニコンさんは違いますよねぇ明らかに。
ライブビューも、とりあえず間にあうならのっけちゃえ!
マグボディの金型とか出来てるから
ライブビューボタンとかは増やせねぇ。
そしたら、レリーズモードダイヤルに!

みたいな。

コントラストAF?そんなもんとりあえず
フォーカス行ったりきたりさせりゃぁいいジャン。
時間はかかってもとりあえずAFできりゃいいんだろ?wwww

みたいな。

ゴミとり?とりあえず前にあるローパスぷるぷる
させりゃぁいいんだろ?実際ゴミが取れようが取れなかろうが
サービスセンターの掃除要員ならいるから大丈夫だってwwww
だいたいペンタックスとかだって、とりあえず形だけじゃんwww
今はHOYAだったかスマソwwww
あと、広告費だしてアサヒカメラあたりに
オリンパスを超えたゴミとり!とか書かせりゃ
ナンボかサマになるだろwww

みたいな。

それを証拠に、D60で新しく取り付けた掃除機。
なんでかのせないですしねw
最初からやんなきゃいいのに。
安価なD60でもそのコストのいくらかは
その掃除機代が含まれてるわけですからねぇ。

さらには動画。

なんか糞生意気にフォーサーズ陣営あたらしく
マイクロフォーサーズとかいって、動画撮れるようにするらしいぜw
むかつくから先にやっちまおうぜ!www
いいよいいよ。とりあえずAVIとMotionJPEGで。
フレームレート?出来る限りでいいだろもう。
どうせオモチャ機能なんだからさwwww

みたいな。

フレームレート24fpsってアンタw
この記事書き終えようかと思った時に見つけてしまったから
追記してやりましたよ。
職人泣かせのわけのわからんフレームレートw
30fpsにすら出来なかったこの悲しさ。突貫工事っぷり。

まぁさらに歴史を紐解けばFマウントがそういう
行き当たりばったりのつぎはぎ仕様ですから
コレはもう社風というか、考え方なんでしょうね。
レンズ内CPUの有無だの、レンズ内AFモーターの有無だの、
AF接点だの、絞りリングの有無だのetc...
そんなのかんけぇねぇ! ハイ!おっぱっぴぃ!(おわってるしw)
で、やってきた会社ですからね。
もちろん、それはそれの良さがあるわけですから全然アリだと思いますけど。



とまぁ、今日もさんざ毒を吐いてみましたw

とはいえ、やはりレンズ交換できる動画撮影ってのは
ぜったい面白いでしょうし、よくぞ冒険してくれたって感じです。

ぜひともマイクロフォーサーズでは
完成度の高いものを見せ付けて欲しいですな。
続きを読む
新機種情報 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
さて、コンデジ新機種ラッシュも佳境?
2008 / 08 / 26 ( Tue )
前々回の記事で書いたとおり、オリンパスのコンデジラッシュにおいて
SWシリーズとUZシリーズは大体目玉商品ともいえるためか、
コンデジ新製品発表では大体トリを勤める事になるわけだが、
その、SWシリーズとUZシリーズがいよいよ出てきた。

と、いってもSWシリーズについてはあるときから2系統になっている。

一つはカラーのラインナップやデザインを重視した
スタイリッシュなラインと

もう一つはタフさを重視し、防水性能の水深が5mであったり、
また、今ではまだ現行機種である1030については広角レンズを搭載したりと、
つまりはスペック重視のラインに別れている。

便宜上、以下前者をスタイリッシュモデル、後者をタフモデルとする。

今回は前者に位置するμ1050SWだったわけだが
タフモデルであるμ1030SWの後継の方が本命というか
こちらのほうが大体後に発表される。

1050SWだが、はじめてスライドバリアになったのが
明確に変ったところといえばそうか。
正直いって私はこういうタイプのほうがレンズの保護の上で
安心できるので好きなのだが、
デザインが、いままでの丸みを帯びた感じよりも
少しだけタフモデルの方向性に近づいたような感じ。
これについては、賛否両論あるかもしれない。
とはいえ、明らかにタフな方向でデザインしてきている
タフモデルのような雰囲気は与えないあたり
うまくまとめているとは思う。

そして、もう一つ。
むしろこちらが売りのようだが、
新たなインターフェイスということで
タップコントロールが新たに導入された。

まぁ、どういうもんかは各自調べていただきたい。
あんまりコメントする気はないw
早い話が、ボディを叩いたりして操作できるということで
最近のiPhoneだの、タッチパネル操作のデジカメに
感化されたのかは定かではないが
おもしろそうかもしれないけど・・・ただの自己満足というか
実験ついでにやってみました的なw
なにが受けるかわかりませんし、
実際コンデジってそういう実験的、評価的な側面から
搭載される機能があったりするのは確かなんですよね。

コレが一眼とかに採用される事はちょっと考えにくい・・・
いや、無駄なボタンを減らす手段の一つとして
ありかもしれないなぁ・・・
結局は使いようであろう。


ともかく、そんなことより
こういった機能を搭載するってことはジャイロセンサーでも
入ってるのか?
ということはついにSWシリーズに手ブレ補正搭載か!!!!!



はいってねぇよwwww


おいおいおいおいおいおい。
タップコントロールなんて
そんなしょうもない機能のっけるまえにやること
あんだろコルァ!

SWに手ブレ補正が載ってくれれば・・・ってどれだけの人間が
思ってると思ってんだ!さっさとしろ!


なんつって、当然タフモデルには載せてくるんですよね!w

たのみますよ。マジで。


さらにUZの方も実はいつの間にか(?w)
2ラインになっており、565UZって名前を見たときには
「え?」と思ったわけだが、どうやらそういうことらしい。
あくまでも560UZの後継であって、570の後継ではない。

実際、ボディデザインは560UZを踏襲しており、
とはいえ、撮像素子や570UZで採用された
広角からの20倍ズームレンズも同様。

んじゃぁ570UZとなにがちがうんよ。
と、思って調べた結果、
「ああ。たしかにデザインは560UZのほうなのね・・・」
とわかったわけだが、それ以外にも、

・液晶サイズが570より小さい。(というか560のまま?)
・ハイパークリスタル液晶ではない。(というか560のま(ry)
・内蔵メモリが(ry
・静止画編集機能や動画再生機能が若干違う
・連写性能が若干違う
・新たな撮影モードの追加
・レンズにズームリングがない?(たぶん。というか560のまま?)
・microSDアダプタが付属。

うーむ。おもにはズームリングとかデザイン的な部分ぐらいだろうか・・・
正直1ラインでよくね?w


と、まぁコンデジはこの辺で。
んで、去年と同じぐらいのタイミング?で
噂されていたキャノンさんの40Dの後継であるEOS50Dが発表。

なんと言っても、昨年売れに売れて売れまくって、
私の周りの人間も、DSLRかったやつは根こそぎ40Dを
選んだわけですがw
こいつの後継です。
しかも、たった一年で30Dから40Dの進化とは違って
画素数的には圧倒的なまでの1.5倍の1500万画素。
DIGICも第4世代となり、拡張で最高感度がISO12800まで。
ニコン信者に散々叩かれた液晶解像度も向上。
画素数がこんなに増えたのに、連写性能はほぼ据え置き。
ライブビュー機能もかなり完成度を高めている感じで、
顔認識が最大35人と、かなりの集合写真でも・・・
といいたくなるがまぁやめておこう

なんだか、すげぇやる気を感じますw

つーか、40D買ったやつザマァw(←ヤメトキナサイ

今年は5D後継なのかなんなのかわかんないですけど
とりあえず1Dsじゃないフルサイズ機もだすでしょうし、
首位奪還に向けてマジのようですねぇ。
ま。そのためにも問題になってくるのは50Dのデキでしょうね。

もっと言えば、DIGIC4のデキでしょうか。
ISO12800まで設定できるものの、どこまで使えるのか。
高感度が売りとしてやってきたところはありましたから、
ここはすごいもんを見せてくれるのか。
はたまた、ダメな意味ですごいもんを見せてくれるのか。

いずれにせよ、DSLR全体の今年後半の切り込み隊長のごとく
発表された50D。どうなることやら。

そうそう、コレにともなって、
やっとこさキャノンが純正のお手軽手ブレ補正付き高倍率ズームも発表。
あれだけニコンが売れたというのに今まで何をやってたのか、
Lレンズのあのふざけた高倍率ズームがあるじゃん!とでも
言いたかったのかは定かじゃないですけど
とにもかくにも、売れ線のレンズを投入。

ニコンではD300なんて高価なモデルにすら
高倍率ズームとセットで・・・なんて売ってる訳ですから、
明らかにニコンのD300よりは安価で、狙いとしても
もうちょい下のキャノンの50Dの系統には
もっと早く必要だったでしょうけど、
とにもかくにも50Dにあわせてきたのは正解でしょうね。
ま、結局これも出来次第ですけど。
値段考えりゃこれでデキわるかったら間違いなく
レンズメーカーに勝てないでしょうし、
中途半端でもこれだったら17-55F2.8IS買うよ・・・
とか言われたら、どうにもこうにもw

その点、ニコンはF2.8のズームはかなり高めに設定したおかげで
この辺で競合することはないってのもあって
売れに売れたんでしょうけど。

もちろん高倍率ズームと大口径標準ズームは用途が違うわけですが
とはいえ、予算が限られていてどちらかしか買えないとなると、
たとえば最初の一本という事であればこの辺で悩む可能性は
十分考えられるわけで。

とはいえ、それ以外の。
つまりはすでに17-55mm持ってる人とかならデキがよければ買うでしょうし
ニコンとキャノンのどちらの戦略が正しかったかは
これからわかるんでしょうね。

なんにせよ、キャノン。かなり本気ってことでしょうか?今年は。
実際ニコンは利益率。キャノンはシェアといってました(よね?)し
そのとおりってことなのかなぁ。

まぁ二社で争っておいてください。
おそらくフォーサーズとかコレを見る限り眼中にないんでしょうしw
勝手にシェア争いしといてください。
フォーサーズはのらりくらり、シェア率上がればラッキーぐらいの
感覚で邁進していくのでw

たしかに、50Dはいい。
でも、マイクロフォーサーズの発表のようなワクワクはまったくない。

これがすべてですよね。
ま、私にとっては。ということですが。

優等生より、
やっぱなんかしでかしてくれそうなやんちゃ坊主のほうが、

クラスのマドンナより(表現ふるいねw)
目立たないけど・・・みたいなそんな子に恋をするような。

そんな趣味ですw
続きを読む
新機種情報 | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
んでは今月のオススメ雑誌
2008 / 08 / 24 ( Sun )
てっきり、マイクロフォーサーズの記事があると思ったが、
かんがえてみりゃお盆直前ぐらいに発表されたから
厳しいのかねぇ。

まともに記事にしてたのはDCM(デジタルカメラマガジン)と
CAPAぐらいなもの。
それ以外では、最近のニュースとして取り上げる程度のことは
しているところもあったが・・・

上記二誌でもやはり充実しているのはDCM。
影響しているカメラとしてPenFやE-330、E-420をあげており、
勝手な想像画としてもやはりPenFをイメージしたようなものを
予想しているあたり、ファンの気持ちをわかってるねぇ・・・
ってな内容。
さらには、オリンパスの小川さん?だったかのインタビューもある。

私としては、やはりライブビューについてE-330がパイオニアである
ことを言及していることは特に評価したい。
そうだよ。そうなんだよ。
われわれとしては当たり前のことなんだが、
そこんとこをわきまえてない他社の中途半端な信者どもには
しっかり伝えておいてくれんと困るのだよ。

さらに、別記事である520のAFライブビューに関する特集も
かなり興味深い。
現行レンズについて今後コントラストAFに対応するのかどうか。
そういったことについてかなりつっこんでインタビューしている。
実はEシステムの立ち上げ当初から考えていたとのことで、
がんばりゃ全部対応できんじゃないの?ぐらいの
勢いを感じたが・・・まぁ実際のところやはり
細かいところで厳しい部分はあるのだろうが、
基本的な構造としてはできるようになっているようではある。
(実際ハイブリッドAFでは確定こそしないがコントラストAFの
動作自体はするわけだから、マジだろう)
つまりは、無限遠以上にフォーカス移動ができたり・・・
という事が最低限、コントラストAFを実現するために
必要であるとかないとか・・・
そういう話があった気がするんだがw(適当w)
そういったことであろうか。

んまぁ、とにかくあらかじめ考えてはいましたよ。
ということらしい。(なげやり)

さらに、ついでに。
なんでいまさらという気もしないでもないが、
E-3のバリアングル液晶をとりあげて、
これこそライブビューのすばらしさだ!

って。ほんとイマサラフザケンナ!っていいたくなるような
タイミングだが、まぁ取り上げてくれりゃぁいいさ・・・

さらに、ねこ好きにはたまらん写真もあったりするので
そういった意味ではさすがはDCMというところ。(すげぇ主観w)


CAPAのほうはというと、オリンパスはE-420のさらに小型化を
目指したものを出すのではないかという予想。
うーむ・・・正直どうなんだろうか。
もしかしたらE-420後継はマイクロフォーサーズで。
ということも書いてあったが、まぁその点については
私も最初に書いた事ではあるが、E-420の後継がすぐ
マイクロフォーサーズなのかどうか、
ましてオリンパスとしてマイクロフォーサーズの
第一弾がそういったものってのは、なんとも微妙な気がする。
最終的には3桁機が・・・というのがたしか
私の書いたのはそういう方向性かもしれない
という事だったと思うが・・・いってることが違ってたらすいませんがw


それ以外では、アサヒカメラのニューフェイス診断だが、
今回はDP-1。

ちょっと気にはなっていたという事は以前書いたが、
かなり驚きの作例で、これは何が悪いのだろうか・・・と
思ってしまった。
とにかくちょっとコノ作例は載せない方がいいんじゃないかと
言うほど、偽色がひどい。
正確にはなんといっていいのか、わからんのですが
カラーノイズ・・・というかなんというか偽色なんでしょうけど
画像処理系の問題なんでしょうか?
(価格.comのDP-1の口コミでアップされてる写真なんかでも
似たような事になってる写真がありました。肌がすごい。
正直、E-300のISO800でもこんな事にはならんかと
ノイズについては比較的許容するほうなんで、
それ以外の写真ではISO800でも使えそうな感じですが・・・
肌が何でああいうことになるのか・・・)
お祭りかなんかの写真だったと思うんですが、
こりゃいくらなんでも、すごいなと。ISO400だからなのか
なんなのか・・・
ましてレンズはF4ですから、
ISO400ぐらい普通に使いそうなんですけどね・・・

どのみち、モッサリってのも以前から聞いてましたし、
F4ってのも正直、どれだけ言い訳してもちょっと納得できない仕様。
つーか、レンズ以前に画像処理がよろしくないんでは
あまりにもお粗末ではなかろうか。
これでそこそこの値段なら、文句も言わんが、正直
E-520や420以上の値段でコレでは・・・
スナップ用途であればなおの事レスポンスは要求されるわけだが、
それも悪いとなればちょっと使う気がしない。
さらにはJPEGもあるとはいえやはりRAWでとった方が
いいような事も言われる。

スナップっつっても、レスポンスが悪くてレンズも暗くて
お手軽・・・とはいかないRAWでの撮影。

どうしたいのか。と正直言いたい。
画質重視はわかるが、結果的にはそうなってないような。
レンズも無理せずF4なのはいい。さぞかし優れた性能なんだろう。
んだが、出てくる画がレンズ性能とは関係ないところで
発生する偽色がすごいことになってたら
それちょっと違いませんか?と。
それだったら、少々レンズの画質的な性能を落としてでも
明るいレンズにすべきだったのでは?
高感度もダメなんですから、単焦点でF4はいくらなんでも。

わたしにゃこれに8万ブッコむのはむりっすね。

つーかスナップ用途なら、圧倒的にデカイとはいえ
やはりレスポンスを重視してE-420なり
もしくはコンパクトさが譲れないのであれば
普通のコンデジ買いますけどね。
正直、そこまで圧倒的な画質ですか?DP-1・・・ってなことが。

まぁ、コレを教訓にマイクロフォーサーズではこんな事にならんよう
頑張っていただきたいところです。
つってもフォベオンみたいにややこしい処理はないので
変なことにはならんとは思いますが。
雑誌ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
さーていよいよ恒例のコンデジラッシュ
2008 / 08 / 19 ( Tue )
いつもの如くですが、
また、以前にも書いたとは思いますが
オリンパスはだいたい、こうしてコンデジを少しずつ発表していって、
慣例に従うと、終盤にはSW、そしてUZシリーズが発表になり、
コンデジは一段落。

そしてそのあと、この間隔はわかんないですけど
ちょっとしてからDSLR関係。つまりはフォーサーズ機を発表ってな
感じなのがいつものパターン。

つーことは。いよいよなわけですな!
んまぁ、そこここで、ついについにE-二桁機の話がちらほらと・・・
相変わらず、誰でも想像しそうな範囲の噂でなんとも
微妙な感じなんですがw

一部マニアの間ではE-300系よろしく、お弁当箱スタイルで
来てくれはしないかという期待は以前からあったわけですが
今のところ噂ではそうではないような感じなのかなぁ・・・と。

マイクロフォーサーズ機でそんな感じのがでるのか、
もしくは、オリンパスとしてはもう出さず、
むしろパナソニックにおいてはフラッグシップである
L1がE-330の姉妹機ということを考えると、
パナソニックで継承された方が、優遇されていく可能性があると
考えると、それもありかなとは思う。
オリンパスでいつまでもトリッキーな異質な存在で
中級機というにも微妙な、
ましてフラッグシップなんてとんでもない!
という扱いを受け続けるのであれば、
(それこそ社名とともに松下から生まれ変わる?)パナソニックで
堂々と、フラッグシップ機としてあり続けるというのも
なんだかロマンがある話ではなかろうか?w

まぁ、そんなことを考えるのは、
私もフォーサーズはE-300からですし、
今は防湿庫で眠っていることがほとんど・・・つうか
もう年に1回稼働するかどうかという状況ではあるものの、
やはり愛着はあるわけで、このまま終わってほしく
ないというか・・・

そんなことで、ちょっとこの手のネタとしては出遅れたので、
違う予想をするとしたら、いい加減そろそろ
パナソニックさんもL1の後継だしてもいいんじゃね?とか。
ちょうど2年ぐらいたちますもんね。
オリンパスがオリンパスとしてださねぇっつうなら、
とりあえずボディとか設計するのはやってよ。と。
パナソニックで出すからさ。みたいな感じでもいいとは思うんですが。

それなら、いよいよ今度はパナソニックに
乗り換えってのも面白いかもw

オリンパスボディ持ちの私の現状としては
飾りでしかないズミルクスの絞り環も
SSダイヤルとともに、いい感じで使えるんでしょうし、
ボディ内手ぶれ補正はどうなるかわかんないですけど、
E-520では、ついにこっそりとハイブリッド手ぶれ補正を
実現しているようですし、そうなれば
パナソニック機にもボディ内手ぶれ補正を載せる意味は
かなりあると思うんですけどね。
そもそも、ズミルクスには手ぶれ補正ついてないですし。

つーことで、うわさが出てきてくれたおかげで
マイクロフォーサーズでもなく、
オリンパスのフォーサーズ機でもなく
実はパナソニックのL1後継こそ我が本命?!

という、妄想でどうでしょうかw
続きを読む
新機種情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミクシィのフォーサーズコミュにあった発言で・・・
2008 / 08 / 13 ( Wed )
今後のフォーサーズ用レンズに関して
マイクロフォーサーズ完全互換の11点の電子接点でだすのか?

という内容。

すっかり忘れとった。

そうか。それは簡単なことだし、
フォーサーズしか使ってないユーザーには何のありがたみも
ないだろうが、弊害もない。
むしろ、マイクロのボディを買わせるのにいい一押しにもなる。


つーことは。ですよ。
あの皆既日食応募用にサンニッパ、90-250のSWDをだすのか?
と、以前書きましたが、
どうせやるんだったら、これも。
つまりは、端子を11ピンにして出す。という可能性もあるわけか。

むしろ、この二本が受注生産。しかもハンドメイドな部分が
多いと思われるこの2本、さっさとSWDにしろよ・・・
ってな人もいたことかとは思いますが、
コレを待ってたのか?などと。

方々で言われているとおり、マイクロフォーサーズについては、
望遠はあまり展開しないというようなことが予想されている。

つまりは、望遠について。とくに高性能であったり
超望遠クラスになるとどうやってもでかくなるので
そこは、フォーサーズ用レンズにマイクロフォーサーズアダプタで
がんばってください。コントラストAFですから
どうせ用途は限られるでしょう?というスタンスかなと。

用途が限られる。とはいえ、やっぱりマイクロフォーサーズの
機能を存分に使いたい。となるとレンズ側もそれ相応の準備が
必要になってくる。

なにせ御神体こと超望遠レンズ二本ですから、
中途半端は許されない。
であれば、SWD&電子接点11点で出すっきゃないでしょう!


んで、この辺のレンズを一体全体、マイクロのボディで
どう活かすのよ?ってなはなしになるとは思います。
超望遠なんて一眼レフの光学ファインダー使ってナンボでしょうと。


しかーし!今年は一体どんなカメラが出ましたかぁ?
カシオがなんか出してたと思いますけどねぇw

EVFだからこそ出来る事。それがあるはずでしょう。
カシオのEX-F1ではスローライブ撮影という機能で。

まぁ。パスト連写、
オリンパスでは似たようなものとしてプリキャプチャー
コレがあればいらねぇだろ・・・っていう意見もあるでしょうが、
EVFだからできること。可能性ってのはスローライブ撮影以外にも
あるんじゃなかろうかと。

なんにせよ、コンデジでの連写系機能については
UZシリーズでオリンパスも長年培ってきたノウハウがあります。

とにかく、今年のフォトキナは熱そうだ。
新機種情報 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ