ロリータじゃねぇぇええええええ!
2008 / 05 / 31 ( Sat )



今日はロータリーエンジン車発売40周年展目的で
国立科学博物館に行ってまいりました。

正直なところロータリーフォーラムって
オリンパスのイベントよろしく定員って言っても
立ち見できるんでしょ?的な軽い気持ちで言ってきましたが

見事に玉砕w


ええ、ええ。まったくは入れませんよ。
音がもれて聞こえるなんてことすらありませんよw

あまりのがっかりに、この展示自体も見ることなく
帰るところでしたよw

いや、思った以上に広くてどこにあるかわからなかったんですがね。

しっかしこの博物館建物自体も立派なもんですが、
中の構造も面白くて、常設で展示してるものもなかなか興味深く
600円は安いなと。
以前田舎のわけのわからんギャラリーで800円もとられたことを思えばw

しっかし、恐竜とか化石とかそういったものも多いとこなんで
子どもの多いこと多いことw
さすがにロータリーエンジン車発売40周年展のところでは
子どもに負けじと模型で遊んだりおとなげないことを
してましたがねw

車はおとなになってから楽しむんだよ。ぼーや(ウエスタンヒーロー風

って、どっちがぼーやかとw

しっかしまぁ。コスモスポーツってこんなカッコええのかと。
コスモって名前の時点でちょっとそれどうなの?
とか思ってましたが、この時代のスポーツカーっていいですよねぇ。
それに比べてどうも私が子どもの頃ぐらいの時代になると
イマイチパッとしないんですよねぇ。
いいなー。こんなスポーツカーがリアルタイムにあった
世代の人がちょっとうらやましいぜ・・・

まぁ、私は私で、マツダのもっともダメな時期が終了してから
興味を持ち始めた世代なんで、それはそれで幸せな事です。
ただ、ガソリンが終わってますがw
たのむから俺が死ぬまでぐらいはガソリン持ってくれ・・・
いろいろ公開する前にレンタカー借りてでも
好きな車に乗っておくべきですね・・・なんてことを。


んで、今回初めてE-3にパンケーキという構成で出動。
レンズの体積がないってすごいですね。
肩にかけてるときの楽さが比べ物にならないです。
重量的にもそうですが、なんといっても
あのカメラの真ん中にどでかいレンズがあるのとないのとでは
収まり方が違うんで。

とちゅう電車の中で寝てたら、カメラ落としてしまったんじゃないかと
心配してしまうぐらいでした。
カバンといっしょに持ってたら今までとあまりに違う感覚で
ない!とかw
まぁ寝ぼけてるからってのもあるんですがね。

明日はフォトフェスタ行って来ようかと。

ツダヲタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オリンパスは俺なんかと違って器がでかい。
2008 / 05 / 30 ( Fri )



なぜか、駅構内にあるテレビ局w



また、インターフェイス論しなきゃいけませんか?

でダイヤルの回転方向と数値の変化のしかたについての
批判に対してさんざん、反論したんですが、

【新製品レビュー】オリンパス「E-520」
ここにあるとおり、なんとオリンパスは
こんなおバカちゃんすらも偉大なる聖母マリアのような
深い慈悲と愛情と優しさで受け入れてしまっているんですよ!
(回転方向に対する数値の上下を選べるようになっている・・・)


ああ。むしろ私がバカでしたよw
どんなしょうもないクレームでもきっちり反映するんですね・・・
えらいというかあいかわらずクソ真面目というか。

しかし、まぁ評価部門の人にとっちゃいい迷惑ですわなw
これでまた評価項目が増えてるわけで。がんばれ評価w
カメラ批評 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
予定通りに
2008 / 05 / 27 ( Tue )






いつものごとくファッションショー。

やっぱりE-300との組み合わせはなかなか良い。こまったこまった・・・

しかし、室内でストロボ無しで撮ろうとすると
E-3の手ブレ補正のありがたみを再認識だぜ・・・

E-3を撮ってるのは当然E-300なので、そのときブレブレな上に
感度上げるとやっぱり・・・
しかし、このスタイルはちょっとエロイな・・・
25mm F2.8 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
やってきましたパンケーキ。
2008 / 05 / 25 ( Sun )



心当たりのない宅配が届いてなにかいな?
とおもったらこいつでしたw

久々に見ましたがやっぱちっこいですな。
E-3に付けてみるとさすがにいつも12-60mmを使ってるのとでは
わけが違い、軽い軽い。
長さ的にも違うので体感重量でいえば、
数値以上に軽いのは当然のことなんですがね。

しかし、SWDではないので最近もはやSWDに慣れきってる
ものとしては若干の違和感すら感じたり。
音だとかいろいろね。

あと、方々でいわれているが、
やはりこのねじ込み式の蓋は何とかならんものかとw

しかし、フォーカスリングはPIEで触ったときを
いまいち覚えてないんですが、こんなに良いトルク感だっけ?
と思いました。それぐらい良い感触。
まぁ相変わらず動作自体はなんかよくわからんパワーフォーカス
なんで、使い勝手は微妙かなとは思いますが、
どうせほとんどAFだし、きにしなーいw

次回はE-300とかE-3装着時の写真でも載せようかな。
忘れてたらスマンすw
25mm F2.8 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やはりいつかはSSDか。
2008 / 05 / 22 ( Thu )



いつものE-3と12-60mm
ちょっと中途半端かなとか思うところもあったりなんですが、
とりあえず的な選定の結果うp。


今回はこの話。

だいたい、みなさんのなかでもいつかは全て、もしくは
すくなくとも、ノート型PC、およびモバイル系はすべて
SSDになるんではないか?
というような予想はされているんではないでしょうか?

まぁそうなるんじゃないかなぁー見たいなことは思ってます。

んで、今回この記事の「価格はHDD搭載機種よりも10万円以上高くなる。」
という部分を見て、なんだか液晶が普及する前ぐらいを
思い出してしまいました。

私が、PCを初めて購入したのが、ちょうどPCのディスプレイに
液晶を選ぶヒトがでてきたぐらいの頃で、
当時15インチの液晶ディスプレイでも10万とかそれぐらいしていました。
CRTならやすいものなら2万とか3万(1万円台もあったかな?)。
そんな感じでした。

いまや、その2万や3万だしたら15インチどころかもっとでかいのが
平気で買えるのはもちろんで、ディスプレイといえば
当然、液晶という状況になり、なんだか時の流れを感じてしまったり。

もちろん、私としては現状1万円を切る値段で500GBとかいう
HDDのコストパフォーマンスに感謝するばかりなんですが、
動画だの、写真だの入れない限りは128GBのSSDで
十二分でしょうしね。
せいぜいHDDは必要なときだけ外付けで。そんな感じになるんでしょうかね。

個人的にはHDDにはもっとがんばってもらわないと・・・
会社的にはちょっとHDDの部品作ってるところとか関係があったりするんでw
まぁ、でも仕方がないですよねこればっかりは。


最近次世代DVD戦争にカタがついたわけですが、
うちの親戚関係上とか、私の趣向的なところから
HD-DVDが勝って欲しいところだったんですが見事に負けを喫し、
なんだか物悲しいかぎり。
しかし、負けるが勝ちだったのかもしれないと
今になって思ったりもします。

正直、HD-DVDとBDのたかが数十ギガとか、一層だったら
十数ギガ程度の容量の差でガタガタ言うのも
今の時代にはあってないなぁと。
そんなことよりもHD-DVDのBDに比べて
チリに強いだとかそういった性格の方が
バックアップ用途なんかを考えた場合重要だと思うんだけどなぁと
思ったもんで。


HDDが上記のとおりのコストパフォーマンスだし、
メモリも凄まじい勢いで容量が大きく、
またコストパフォーマンスも以前と比べれば信じられないような
ことになってますからね。
書き込みもめんどくさい上に、読み書きがメモリやHDDにくらべ
遅いなど、あんまりメリットがないような・・・
もはや、光ディスク自体がレガシーデバイスといっても
過言ではないのではないか?とすら思えてきます

次々世代ディスクまで保留で良いかなとかw


また、それと似た話で、EOS 5Dなんかが出た時には
一部で、そのうち全てフルサイズになるんじゃ?
みたいな寝言を言ってた人もいたんですが、
だいぶたっちゃいましたねw

ま、それも今年のソニー次第によっては変るのかも知れませんが。
とはいえ、カメラに関しては、PC関係のデバイスとは違って
光学系という、重要で且つ、電子機器とは違った性質のものが
絡んでるので、そう簡単には行かないんですけどね。

その辺がフォーサーズの妙だったりするわけですが。

撮像素子など電子部品系の進化と
光学系の進化。

この二つを考えた場合、やはり前者のほうが圧倒的スピードで
向上していくわけですから、
(といっても光学系も、9-18mmに載るDSAなど特殊レンズが
出現したり、ガラスの射出成型など、一時期の停滞にくらべれば
進歩が見られるような感じなんですが。)
やはり、電子部品関係では出てきた当初は若干不利なぐらいの
バランスで考えられたフォーサーズが良い線行ってるんじゃなかろうかと
そんな風に思うわけです。

現時点ではたしかにD3みたいに撮像素子をでかくして
画素数も少なめ。そうすれば、いろいろと恩恵があるのは
これは誰が見ても明らかで、子どもでもわかるような事です。

しかしこの先はどうでしょうかね?

いま、
「CRT、でか!重!
こんなもん、一般のヒトもほとんどがつかってたのか!」
と、思われるような

そんなことになる日が来ないとも限らない。
そういうことです。
まったく関係ないネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ