いまさらながらですがマツダデミオ 世界カーオブザイヤー受賞おめでとう!
2008 / 04 / 30 ( Wed )
いやぁ、写真はたまってるんですが・・・w
ずぼらして、今日はなしよ。

すんません。関係ない話で申し訳ないんですが、
マツダファンとしてはやっぱり書きたいわけですよ。

今回のデミオなかなかやるなぁとか思ってたら
世界をとってしまいましたか。
まぁ数年前からマツダってばヨーロッパCOTYではアクセラが
あのフォルクスワーゲンのゴルフと同率2位だったり、
アテンザもたしか2位だったような・・・

そういえば日本COTYでもロードースターがCOTYに選ばれたと思いますが・・・
何を隠そう以前初代ロードスター。つまりユーノスロードスターですが。
そいつに乗ってたこともあって、
また、現在一番乗ってて楽しい車作りってのを考えている
メーカーって感じで(むしろそれ以外のことは二の次ぐらいの・・・)
まぁその心意気が大好きなんですが。

今回のデミオにしたって、根こそぎコンパクトカーとかいって
利便性を考えて、これでコンパクトかよってのが
わんさかある現在において、
(ま、マツダにもベリーサとかありますけどね)
このパッケージングってのはさすが。
走りについてより重視し始めてフォードグループを牽引しはじめてから
さらにその方向性に自信を持って突き進んでいる最近のマツダ
個人的にはますます期待のメーカーなわけで。
周りのメーカーが何しようが知ったこっちゃねぇといわんばかりに
わが道を行く姿は惚れ惚れします。

どうせ、そんな利便性を追求したもんなんかだしたって売れねぇんですよ。
マツダが作ったってね。
結局はトヨタだのホンダだの日産の車が売れるの。
そんな世間に迎合したってさ。なにせ日本ですから。

ってなわけで、シェアも大事だけども、
俺個人にとって見れば、俺好みのものを作ってくれる事が
一番ありがたいわけで。
わたしゃ、そういうメーカーが何においても好きなんですわ。
まぁそういうことです。

そんなことよりも、宝くじなりBIGなり当たってくれにゃ
この大都会では車は買えねぇw維持できねぇw
つか、カメラだけでも死んでるのに、車とかマジ無理w
神様はやく・・・金頂戴・・・
まったく関係ないネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BCNランキング シェアのお話
2008 / 04 / 28 ( Mon )
BCNのシェアの記事がでましたね。

E-420が出るまでの間、各社新機種が出ていたものの
なんとか粘ってたみたいですねぇ。

つーかことごとくペンタックスの機種はのけもの扱いカワイソスw




とある晴れた日の朝
シェア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ZD12-60mm TIPAベストエキスパートレンズ賞 受賞おめでとう!
2008 / 04 / 27 ( Sun )






写真は相変わらずPIEのもの。
こんな風なイメージ展示もありました。
女性を意識した感じのもの。
これ以外にもアタッシュケースといっしょに展示されてたのもありました。
まぁ。こういうのはいいよね。

E-420を手に入れたときのイメージをあたえて、いいなぁ・・・と
想像させる作戦w

2枚目かなり自分が写りこんでますけど、スルーしといてくださいw


ところで、題名の件ですが竹レンズとしては初受賞らしいですね。
ま、贔屓の引き倒しをするならば、Proレンズに入れてもいいんじゃね?って言いたいところですが、
まぁ、歪みとか、望遠端がF4だとか通しじゃないとか
そういったことを考えたらまぁ、真ん中のエキスパートレンズのところで
受賞というのは妥当なところでしょうね。
逆に、この丁度真ん中あたりの、コストパフォーマンスなんかで言えば
やはりそこは竹レンズの本領発揮ってなもんですしね。
EISAみたいにZDのHGレンズ群全部受賞してもバチはあたらんぐらいでしょう。
(EISAではSHGレンズ群で受賞している)
ま、ある程度一気に出さないとそんなレンズ群で受賞なんて
ないんでしょうから、そういう意味ではEISAのレンズ群で受賞ってのは
後にも先にもないのかなぁなんてね。

SHGレンズ群でとった当初14-35mmF2以外があったわけですが
たしかに、どれも文句のつけようがないほど神レンズってのは
言い尽くされてますしね。
今年出した14-35mmF2もZDのSHGレンズの名に恥じないどころか
看板レンズとしてふさわしいもので、
ま、こいつで来年のTIPAプロレンズ部門はいただきかなw
ニコンは今年、大三元レンズがモデルチェンジってのはありえないでしょうし、
もろガチンコになるソニーのバリオゾナーは去年度というか、
2008の対象でしょうし、
キャノンの24-70mmモデルチェンジするなら、ある程度1Dsにあわせるはずだろうし・・・
まぁ、もちろん今回プロレンズ部門ではニコンの14-24mmだから
標準じゃなくても度肝抜かされるようなレンズがでれば
それが受賞するわけですが、まぁ14-35mmF2はすげぇですよ。
なんつってもF2なわけですし、それでもってあの描写。
TIPAにしてもEISAにしてもヨーロッパってのがあるのか関係ないのか
しりませんが、フォーサーズだからというような
日本の保守的なバカな考えはなく、ちゃんとF2として
まっとうに評価してくれますからね。そこはやっぱでかいですよ。
日本人みたいに、ボケ量が・・・というボケはウケませんのでw

そう考えれば、描写がいいのはもちろんの事、
それ以外の要素もすばらしいレンズでもでない限りは
すでにその座は約束されているといっても過言ではないでしょう。
たとえば、高倍率ズームなのに、大三元レンズ並の描写とか、
F2.8通しで防塵防滴で描写も申し分ないのに
ありえないぐらい超小型とか・・・

まぁ、どれもフォーサーズ以外では達成できそうにないものばかりなので
大丈夫でしょう。
つーことで、来年のTIPAも期待しましょう。
12-60 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
予定通り、まだ発送されていないようで。
2008 / 04 / 21 ( Mon )





写真はあいかわらずPIEでのこんな展示。

なんか、必死なのは伝わるけど、ややこしいというか、
かなり誤解を生みそうなんですけど・・・

まず、後ろのポスター部分が70-300mmについてのメリットを
うったえているのだが、実物展示は70-300とは関係ない。
望遠ズームをつけたときの全長比較があるけど、あくまでも40-150mm。

手前の量りにのせているのは、さらに別のE-420の話。
まぁ、パンケーキまで追加してもまだ軽いよ!ってのはたしかにエロイ


さて、案の定人気のためか、パンケーキ発送されてません。
どっちにしろ、ブログ更新がおぼつかない原因によって、
パンケーキの受け取りもどうせ今週末まではできないので
その辺は計算どおりなわけだが・・・

GWに間に合うんだろうな!w

これ、間に合わなかったらまたかなりバッシングがあるんだろうなー。
俺は後回しでいいから、うるさそうな客から発送してあげてw



って俺、十分ウルサイっすか。そうですか。
未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
村上龍は本当にあれですね。
2008 / 04 / 16 ( Wed )
こんなやつとか。

具体的にあれが何を意味するのか書いたら今のご時世なにがあるかわかんないので
「あれ」としましたw

はっきりいって、私この男がだいっきらいです。

たまにテレ東のガイアの夜明けを見るんですが
なんでこの男がこの手の番組で調子こいてるのか。正直ウザイんですよ。

小説家は小説だけ書いてなさい。
小説ならフィクションで済むんだからさ。
そっちのほうが似合ってるって。マジで。
正直なところ、この人の小説は読んだことがない。

小説は面白いのかもしれない、が、この番組やらの言動を見る限り
たとえ芥川賞をとっていようがなにしようが、読む気にはならない。
もったいないというほかない。

まぁ、私のこのブログも、私の痛い文によってオリンパスの
マイナス宣伝になってるというようなことも
あるだろうということからすれば、
言えた義理ではないのかもしれないがw


さて、裁判員制度はなぜはじまるのか?
自分で考えてわからないとは、やっぱりこの手のコメンテーターの仕事とか
マジ断ったほうがいいですよとしか言いようがない。

最近では法務大臣の死刑執行のニュースでだれだったか
加藤だったか忘れたが、そいつも言ってたとおり有罪率99.9%なわけですよ。
これだけじゃなくて、散々警察のむちゃくちゃな取調べ問題やら
数ヶ月前にも地上波で放送された「それでもぼくはやってない」の映画やら
とにかく散々問題視されてるでしょうに。

いやね。たしかに、裁判員制度の問題はわかりますよ。
ずぶのド素人が判断するなんて恐ろしいってね。
しかし、あまりにもその意見だけというのは一面的な見方にもほどがあるんですよ。
早い話が、それではどっかのリストラされたなんちゃって記者と同レベルなんですよ。

法律のプロ?
今の裁判官どもが本当の意味でプロだというのなら、
恥ずかしいむちゃくちゃな判決理由が量産されるなんてありえないでしょうが。

そもそも、法律で裁く法律で裁くと、のたまってらっしゃるが、
それ以前に、裁判っちゅうのは事実認定が重要なわけですよ。
被告人がなんていう法律を犯している疑いがあるのかどうかっつうのは
裁判員が素人であろうが、検事が主張して刑罰だって求刑するわけだから、
有罪か無罪かとかってことを判断する上ではほとんど、
どうだっていいわけですよ。
つーかそんな法律の誤認による誤審なんて、それこそ
本物の裁判官もいる中で行うことになってる裁判員制度で起こりえるわけないでしょ。
おこったとしたら、その裁判官はいったい何してたんだっつうことになるわけで。クビだよクビw

法律があればすべて問題なく裁きが下されるんならそもそも裁判所がいらないわけで。

法律なんてなにをやったらどういう罪に問われるかとかそういうことが
きまってるだけのもんでしょうが。

現状裁判官が今やってるのは
検察官や警察が言ってるんだから間違いないから
とにかくむちゃくちゃな理論でも有罪になるように判決理由を述べることだろ。

99.9%なんていう有罪率がおかしいのは、中身を見なくたって
その数値の時点でおかしいです。
間違いだらけの人間がなーんでそんな数値をたたき出せるんでしょうかね?
日本の工業製品みたいに、不具合率はコンマなに以下に収めようとか
そんなノリですか?

まぁマスコミやいろんなもんに踊らされるわけじゃないですが、
しかし、裁判官は有罪判決にしないと出世できないとか、あほかと。

そういう腐りきった組織を変えるのは並大抵のことではなく、
ひとつの解決策として裁判員制度ってのは悪くないと思いますがね。

今日もニュースでやってましたけど、どうしようもねぇ性犯罪者が
豚箱から出てきて再犯してまた捕まって、今度は無期懲役とかなってましたけど、
このとおり、そのプロが裁いたってまたすぐでてきて、
再犯してるわけですよ。
そもそもそんな現状の日本の法律では、そんなやつは
少なからず野放しになっているし、
無罪判決が増えた結果、野放しになるやつが少々増えたとしても
たかが知れてるでしょうが。

とんでもないやつらを野放しにすることになるかもしれないだろ!
っていうのなら、出てこれないように
終身刑ってもんを定めるべきだし、それ以外にも
性器切り取り刑とか、ほかにやることがあるだろ。

それ以上に、何の罪もない人を裁きまくってる事実をどうすると。

あと、上でちょっと出しましたけど、法務大臣の死刑執行命令の問題ですが、
ま、たしかに冤罪だったら大変なことに・・・というあたかも
正しい意見が出てきてますが、これも現状、死刑にまでなるのって
もう、どうしようもないぐらい犯人確定してるっしょ。
冤罪が・・・というのならそれは死刑執行が問題なのではないわけで、
死刑判決が確定している人間を死刑にしないのは完全に法務大臣の怠慢であり
越権行為とも言えることでしょう。

なーんで、法務大臣の裁量で死刑にしないとかできるのかと。
なに様だっつうはなしで、それこそ法律に基づいて仕事しろっていうことで、
鳩山は、たしかにたびたび言動はあれだけども、
執行していくということ自体は、なんら問題のあることではなく、
むしろ、執行命令をださなかったいままでの役立たずどもどうにかしろと。
死刑判決無視かよと。

ほんとこれもそうだけど、三権分立とは名ばかりにしてくれちゃってる
「司法」担当の方々はいい加減ちゃんとしてください。
その責任者たる最高裁判官どもをクビにできる国民審査の際は
わたしゃ毎回不信任にしてるんですがね。なんで国民は信任するんでしょうか?
ちゃんと選挙してください、行ってください。

ろくに仕事してないのにとんでもない給料なんですよ?

大体、日本の責任者の方々にはほんと、責任逃れしたい人が多すぎます。
死刑についてもそうだし、総理大臣にしたってどこぞの党首にしたって、
いざ、難しい判断やら決断に迫られたときには先送りにしようだとかさぁ。

その覚悟がねぇなら責任者になるなよ役立たずどもが。

権利は欲しいけど責任はとりたくねぇって、
そんなもんガキの言い分だろう。
そんなガキどもにガキのことをとやかく言う資格はねぇ。

年金や税金の無駄遣いにしても、こんなもん完全に横領だろうが。
なーんで、責任取らない人とかいたりするんでしょうか?
もちろん、なかにはとっつかまってる人はいますけど、
結局、税金やら何やらで穴埋めと。

ま、国民自身が選んだ政治家やら、国民自身が信任した裁判官やらが
上にいててこうなったわけですから、(官僚は直接選べないとはいえ)
無駄遣いされて、自分らの身銭きってまた穴埋めするってのも
国民の自業自得といえば自業自得なわけですよ。ざまーみろw

だが、なんでワシまで穴埋めせにゃならんのじゃボケが!

ま、勝手に選挙行かない人は行かないでおいてください。
結局自分の首を絞めるだけですから。
私もこの国にうまれた以上、どんだけ選挙いったって無駄なんでしょうけど
日本にうまれたからしょうがないってなことで。

ただ、選挙にもいかねーやつは、どんなクソ政治家でも批判する権利はない。
そのことはわかっておいてもらいたい。
まったく関係ないネタ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ