待望の9-18mm発売決定!
2008 / 09 / 18 ( Thu )



たまにはこういうのも。

んで、毎日毎日なにか発表があって楽しいです!

が、更新も大変です!w


さーてみなさんお待ちかねのZD 9-18mmF4-5.6
でましたねぇー
でてくれましたねーw

定価見たときはちょっとやらかしたチックな雰囲気ありましたけど
まぁ実売5万とかその辺ならよしか。
ちょっと、ひさびさの新レンズだったもんで
定価がどんな感じだったかすっかり忘れてましたよ。

つーか、9-18自体ちょっと忘れてましたw

このレンズ。とにかく軽いしとりあえずスペックも
悪くないし有無を言わさず買うぞ!といってたひとも
いたとは思うんですが、
私自身ちょっと忘れてた理由といえばやっぱり

マイクロフォーサーズの存在じゃないでしょうかw

しかも7-14mmF4が予定されているとなればさすがに
元超広角オタクな私としてはうーむと悩んでしまう。

まして、超広角となると
G1のようにウェストレベルでの撮影がしやすい機種の方がやはり・・・
となる。

もちろん、フォーサーズにもE-3とL10がありますよ。
バリアングル液晶搭載機は。

しかし、ライブビュー時のAFの自然さだとか、
そういったものは確実にG1の方が上でしょう。

さらには、G1の次。動画撮影も可能となると
ますますこの超広角ズームの魅力が・・・

だめだ・・・買う気になれないwww
そりゃ、値段は全然違いますよ。

動画も撮れるG1となると、もう少し高い可能性もあるし、
さらに超広角レンズとなるといくらになるかわかったもんじゃない。
それこそ、9-18mmならとりあえず5万で超広角。
マイクロフォーサーズのボディと7-14mmとなると
いわば、これの3倍は覚悟しておいてちょうど良いんじゃないかと
思われるわけで。

やはりマイクロにも手を出したい。という
新しい物好きの心がうずくのもあります。

とにかく。当分悩んどきますw
フォーサーズマウント | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
最近、那和さんが・・・
2008 / 07 / 19 ( Sat )
http://www.nawa-jp.com/etc/etc.htm

改心して?
というかもともと・・・だったとは私の記憶ではそんなことはなかったと思うんですが、
以前も書いたとおり、いや、それ以上にますます
フォーサーズ寄りというか、少なくとも擁護というか、
とても理解ある内容で書いていらっしゃる。

いいですねー。
オリンパスさん仕事とか出してあげてよ。(何様?w)


そういえば、初期からのフォーサーズ、というか
オリンパスユーザーのかたには気になるところも多いであろう
コダックのFT方式のCCDが、そこそこというか
結構デカめのサイズで発表されてますね。
それこそ、フォーサーズ立ち上げ当初は
比較的小型な素子のデメリットを、FT方式のメリットで
埋めるような形で採用されたといっても過言ではないわけですが、
逆に、デカイサイズでさらにFT方式のメリットを伸ばすような形?
とにかく、興味だけですけど、それでどんな写真になるのか
非常に気にはなりますね。
フォーサーズマウント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ほんといい加減にしてくださいよとw
2008 / 01 / 06 ( Sun )
個人のブログで何書こうと勝手だと思います。
私なんぞは本当に勝手に書いてますからw

しかしですねぇ。いい加減フォーサーズがレンズ少ないとか
まぁ仮にこれを受け入れるとしても
他社はレンズメーカー製のレンズという選択肢があるのに比べて
貧弱などといわれる筋合いは無いわけですよ。

しつこいですがこのネタをまとめるっきゃないということで。

やっぱりコストパフォーマンスとして
おそらく全システムで考えてもかなりの次元であるのが
E-1発売当初からフォーサーズシステムを支え続けた
14-54mmF2.8-3.5でしょう。
こちら現在新品での価格が5万円台前半。(というかもうすぐ5万切りそうなんですがw)
中古だと3万5千とかそこらというすごい値段ですよ。

レンズの豊富さ、レンズメーカーの対応マウントとしてもやはり
2強と比較すれば十分でしょう。

ということでまずはキャノン
ここでは、キットレンズを持ち出すのは筋違いでしょうしそれ以上の標準ズームを並べると
EF-S17-55mm F2.8 IS USM こちら約10万円
EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM こちら約6万円
一応フルサイズも見越したらということで

EF16-35mm F2.8L II USM こちら約17万円
EF17-40mm F4L USM こちら約8万円

フルサイズで使用するとして
EF24-105mm F4L IS USM こちら約10万円
EF24-70mm F2.8L USM こちら約15万円

続いてニコンここはフルサイズのもめんどくさいので一気に。
ニコン
AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF) 約16万円
AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-135mm F3.5-5.6G (IF) 約4万円
AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-F4.5G(IF) 約2万円
AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF) 約7万円
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED 約22万円
AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF) 約7万円
AF-S Zoom Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G(IF) 約4万円


まぁ大体こんなもんです。これでわかっていただけると思うんですが、
F2.8通しのズームになると一気に10万円越え
かといって安いのを選ぶと広角側F3.5から望遠側がほとんどF5.6
いくつかF4.5のものもあるけどまぁほとんどかわりませんわな。
しかも安いといっても、14-54mmといい勝負ぐらいの値段w

さらに見ていくと、キャノンは比較的手振れ補正搭載レンズが多いので
ボディ内手振れ補正がなくともこれだけ揃っておればまぁ対抗できるかな?
といったところだが、ニコンにおいてはちょっとひどいですよね。
現状DXフォーマットで28mm相当からの標準ズーム手振れ補正が
欲しいとなると18-200しか選択肢が無い。

こんな状況ですから、そりゃレンズメーカー製レンズがどうのこうのと
言いたくなる気持ちはわかりますよ。私だってこんなラインナップだったら
レンズメーカー製レンズ選びますよw
ということで人気レンズをあげて見ますね

TAMRON
SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (Model A16) 約3.5万円

シグマ
17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO 約3.5万円
18-50mm F2.8 EX DC 約4万円

これぐらいでほんとにちょうどいい勝負だなーって感じ。
忘れてはいけないのが、当然この辺のレンズは手振れ補正が無いということ。
そして14-54mmはなんといってもメーカー純正レンズであること。
さらに、防塵防滴設計であること。
もちろん画質については折り紙つき。

とまぁこんなところです。
参考価格は価格ドットコムを参照しました。
これを見てもまだレンズメーカー製レンズの有無が
フォーサーズにおいて重要な事か?といわれれば否。
この辺のお買い得レンズを用意できないカメラメーカーにとっては
死活問題ともいえるほど重要な存在でしょうけども。

ほとんどメインとなる標準ズームでの話をさせて頂きましたが、
望遠においてはもう言うまでも無いと思いますが
これもコストパフォーマンスの高い50-200mmF2.8-3.5と
3万円台で600mm相当までカバーしてしまう70-300mmF4-5.6
どちらも、純正レンズではライバルが存在しないといっていいでしょう。

超広角ズームではたしかに若干不利かもしれませんが各社せいぜい一本用意してるのみ。
これも、今年中には発売されるであろう梅ズームで解決されるでしょう。
あとは高倍率ズームが確かに不利かもしれませんがね。
といっても広角側を妥協すれば18-180mmもありますし
ちょっと高いですけど最近14-150mmも出ました。
上記の通りニコンでは手振れ補正かんがえると18-200ぐらいしか選択肢がないので
自慢していますが(というかもう、これを持ち上げるしかない状況ともいえるわけでw)
28mmから300mm相当ですから結局そのうちもう一本レンズ・・・となると
フォーサーズでの12-60mmと70-300mmとかの組み合わせの方がよっぽど
便利なんじゃ・・・しかも標準域での明るさも考えると・・・
120-140mm相当と言う中途半端な部分が抜けるものの24mm〜600mm相当が
2本で実現できるわけです。
交換するにしても通常は12-60mmで大体はカバーできて
明らかに望遠が必要な時のみ70-300mmの出番となるわけです。
18-200mmと組み合わせるとなると70-300mmとかだとほとんどかぶってて
そもそもあえて荷物増やそうとは思わないでしょうし、
かといってそれ以上望遠のレンズとなるととたんにでかく重く高くなるので・・・
それならば超広角の方のレンズとなるのでしょうが、
実際これも18-200mmのレンズを交換しなくていいというメリットをスポイル
するばかりで、2本持つ事のメリットがそれほどあるのでしょうか?といった感じになっちゃいます。
ってこれ主観入ってますねw

しかし実際、いざと言うときに遠くのものを引き寄せられるほうがやはりありがたみは大きいと思うんですよね。
24mm相当でも足りないほど広角が欲しいこともあるにはありますが
広角側が足りないってのは記録的な用途としては致命的なことになるかもしれませんが
望遠側が足りないってのは、そもそも作品としても成り立たないんじゃなかろうかと。

まぁ広角側が足りないのはどうしようもないけど
望遠側が足りないのはトリミングすればいいだろ。といわれればその通りかもしれませんがw
しかしそこまで言い出したら、広角側が足りないのは数枚とって合成したほうが
(パノラマ合成じゃないけどまぁつなげればいいって言う事ね。)
画素数も増えてそっちの方がよくないか?とも言えるw
望遠トリミングは当然解像度落ちますからね。それに広角の合成といった力技も不可能。

まーた長くなってしまったですけどそんなところで今日のところは。
今となってはフォーサーズがレンズラインナップが貧弱などと言うのは嘘っぱちで
むしろ魅力的な部分の方が多いと私は思いますがね。
価格的に見てもそれはいえると思いますよ。
フォーサーズマウント | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ということで今日はレンズマウントの互換性について
2007 / 12 / 07 ( Fri )



価格やなんかでたまにこんなような茶目っ気たっぷりな質問があります。

「シグマのHSM搭載レンズはE-1でもつかえますか?」
「オリンパスのSWD搭載レンズはE-1でも・・・」

使えるよ!ってか何で使えないと思うの!

って言いたくなるけども、そりゃぁニコンやペンタを使ってたら
そういう無駄な刷り込みもあるってもんですわな。

ニコンやペンタックスなど古いマウントにこだわってきたメーカーで
特に顕著なのが、とりあえずマウントとしてはかわってないけど
いろいろ変えすぎてもう初心者にはワケワカメ。になってるマウント。

以前にもお話したとおりニコンのFマウントの体系図を見てもらえれば
わかると思うんですね。
わかるっつっても、わけわからんってのがわかるってことなんですがw
たしかにニコンのFマウントってのは歴史としては長いです。
現在デジタル一眼レフで採用されているマウントとしてはおそらく最も古いでしょう。
その歴史といえばAFもなかった頃からのものです。
じゃぁどうやってAFに対応してきたわけよ?ってなるわけですが
もちろん、後付でとにかくレンズとボディのくっつくマウントの
形状さえ変えなければ、レンズはとりあえずMFででも使える。
そういう思想のもと、なんとかかんとかやってきたわけです。
まぁ私もはっきり言って全て把握してません。
最初は絞り環つきのMFレンズを使ってたわけでしょう。
その後は絞り環つきのカメラのボディ内のモーターでAF駆動させるレンズとかがでてきて
もちろんそのためにはカメラのボディにAFモーターを搭載したものがでてきて
そうこうしている間に絞り環がないGタイプのレンズとかでてきて
そうこうしているうちにレンズの方にモーターを搭載したレンズがでてきて
しかもこれらが入り混じって
絞り環があってAFモーターもレンズに搭載
絞り環があってAFモーターは非搭載
絞り環はなくてAFモーターはレンズに搭載
絞り環はなくてAFモーターも非搭載
それ以外にも細かい機能がのってるかどうかの違いがあったり・・・
あのボディの最新のあの機能に対応しているレンズがあれで・・・
って一体どれがどれでうぎゃーーーーーーーー!

こんなマウント使ってるやつすげぇな。

ま、こんな感じで、ペンタックスはこれもよく知らないんですが、
SDMというペンタックスの超音波モーター搭載レンズは
今のところK10DかK100DSuperでないと超音波モーターによる駆動をしてくれません。
K100Dではボディ内モーターで動かすようです。これはこれですごいけどもw

私は銀塩でもEOSでしたし、デジタルではフォーサーズです。
これらはAFの時代に作られたマウントのため全てのレンズが
AFモーターを搭載しています。
逆にボディにはAFのモーターはありません。
よってレンズ内のモーターがSWDであろうとHSMであろうと
レンズ内のモーターでやる事には変わりねぇわけで。
そんなことで、最新のE-3だろうと最古のE-1であろうと
SWDもHSMもXSも問題なく駆動します。
もちろんその超音波モーターによって駆動します。
ボディにモーター積んでないですからペンタックスみたいに
超音波モーター搭載レンズなのにわざわざボディ内の普通のモーターで動かすようなことにはなりません。
つか、やろうと思っても出来ませんw

ただ。絞り環についてはパナソニックが勝手にやっちゃったもんだから(w
パナソニックのボディでしか機能しません。
とはいえ絞りが動作しないわけではないのでたいした問題ではないんですが。
普通に絞り環がないレンズとしてボディで絞りを設定すれば
その絞り値で写真が撮れます。

あと、ボディ内手ブレ補正も、フォーサーズマウントであれば問題なくききます。

ということで、他社のややこしいマウントとフォーサーズなどの
マウントについて、浅い知識で語ってみましたw

そんなことで、私は初心者にはぜったいニコンを勧めません。
つか、進められるだけFマウントについてしりませんw
そしてこれからもそれについて勉強するつもりもありませんw
フォーサーズマウント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |