今年の総括とかいいつつ雑誌ネタ
2008 / 12 / 31 ( Wed )



都会のランチ
曇天光で青くなってますけど、それはそれでそのまんまでいいかなと思い、
あえてそのままにしてみました。
被写界深度が無駄に浅いですw

E-3とズミルクス

えー、気づけば丸一ヶ月なにも更新しないという体たらく。
ホントすいません。

言い訳するとしたら、やはり師も走ると書いて師走。

クリスマスやら忘年会やら仕事納めやら
飲み会やら飲み会やら
ボーナスがでたから買い物やら買い物やらw


不景気もなんのその。後先考えない若さあふれる年末を過ごしていたわけですw

アホです。


宣言どおりソファ買ったわけですよ。
部屋せめぇのに3人掛けw
なんだよこの部屋って感じになってますw

んで、まぁそれはいいんですが、
今度はそれだけデカイもんですからあんまり部屋の真ん中に置けないわけですね。
そしたらテレビっつうかこのPCでテレビ見てるんですが、
この距離で14インチだかの液晶ディスプレイでテレビ見るの辛いですw

とか思ってたら、大不況到来のせいなのかなんなのか
液晶テレビ激安時代到来・・・つか、すでに到来していたと思ってたんですが、
さらに想像を絶する安さになっていたので
ボーナスもらって訳わかんなくなった若造がそれにも手を出した始末。

そんなこんなな最近な訳です。
どうでもいいですねw


んじゃぁ雑誌をこの大晦日にちょろっと立ち読みしてきたので
また下品な立ち読みしてきた内容を記憶して記事にするという
ふざけた記事を書きます!


といっても、印象に残ったのは

なぜか表紙がチチもろだしのアサカメと(中は見てないw)

出版業界不況もなんのそのの、何考えてんのか分厚いDCM(デジタルカメラマガジン)と

やっぱり年末もお馬鹿記事だぜカメラマンの三本立て!


といっても、アサカメの中は見て無いので表紙がチチもろだしぐらいのことしかいえませんw(ホント下品だな)

DCMはというとさすがの大ボリュームでフォーサーズ信者としては
オリンパスのレンズマイスターだったかのインタビュー記事は
やはりオリンパスのレンズ作りは尋常じゃねぇ・・・とか
あらためて鳥肌からナニからたたせてくれる内容。
他にもここ10年だかのエポックメイキングなカメラは
なんざんしょ?という内容のもので
特に高橋良輔氏が3機種中2機種がオリンパス機という
隠れオリンパス信者っぷりを披露。(あんま隠れてないのかなぁ?)
べつに特別にオリンパスと契約しているというそぶりを見せない彼だが
ことあるごとに評価して下さっている気がする。

そもそも、本人も今年のPIEにたまたま間近で見かけたがやはり
いかにも厳しそうなオジサマ。
他人にも自分にも厳しそうな人だ。
記事についても以前書いたとおり似たようなレンズの比較記事をやってらっしゃるが、
その内容もいたってマジメなものでかなり参考になると思っている。
なんとも職人気質な雰囲気を醸しだす、個人的に好きなカメラマンの一人である。
(決して彼のアシスタントにつきたいとは思わないがwホント厳しそうだものw)

その彼がやはりE-1からダストリダクションシステムという
最初から完璧なシステムを搭載してくる当たりすごすぎると絶賛。
さらにE-330のライブビューへの挑戦は後に影響を与えたと絶賛。

たしかに、いま新たな機能として動画なんかも出てきてますが
やーっぱし半端というかホントまぁとりあえず的な搭載だけども、
ダストリダクションについては初代であるE-1からほぼ完璧といって
差し支えないほどの圧倒的な完成度を誇っており
未だ他の追従を許さないのだからそれぐらい褒めてもらっても
当然といいたくなるほどのすごいことなのだが、
いかんせん、機能自体は地味な機能であるからどうにもこうにも・・・

実は、私の得意先の方も一眼を買うとおっしゃい、
私が相談に乗ったのだが、やはりオリンパスを無責任には勧められなかったです・・・
せめてE-30にも載ったAFがE-520に載っていれば・・・
つか、後継でぜひとも乗せて欲しいわけです。
これさえ載れば猛烈な勢いで推薦します!という状況。

やはり、初めての一眼で運動会とかも撮りたいんですとか
言われちゃうと、さすがに3点AFの520をどうやっても押し付けられません・・・
いや、結局真ん中しかつかわないっすよとか言いたいところですが、
それにしたって、やっぱE-3、E-30クラスのスピードも欲しいわけです。
ぜひとも来年はエントリー機種にもあのAFを・・・
11点といわずなんだったら5点ぐらいでもいいので
スピードはE-3,E-30クラスってことでほんとお願いします。
営業サイドからのお願いです。(なんの営業してるんだ俺はw)

いやね。どうせキャノンにしたって早いだけで精度が(ry
一見その手のことにうるさくなさそうだと思っていた我が後輩が
しかも、ネットでのこの手の噂とか絶対知らないコなのにもかかわらず
「なんでキャノンってあんなピントあまいんですかね?」とか言う始末だからまぁ
多分そうなんだろうけど、それにしたって、
キャノンだったら言い訳できてもオリンパスだったらなんか
俺だけのせいって感じじゃないですかw

マイナーなメーカーを素人に勧める以上、そこには責任が伴うわけです!!!
となると、一ユーザーが自信を持ってオススメできるそんな、
そう、Kissなどという、名前だけで敬遠されるような機種なんぞに
負けて欲しくないんですよ!!!!

ホントねぇ。キャノンさん。あの名前マジ何とかしてよ。
結局最終的にじゃぁやっぱKissFかKissX2がいいですね。って結論にいたるんですよ。
俺が素人の方にオススメする時はね。
だって、ニコンはD40,60じゃあ同じ3点AFですし、
それ以上となるとD90になっちゃいますからねぇ。
その時点でもうKissFかX2になっちゃうんですよ。
なのにもかかわらず、コノ名前。どっちかだけでもなんとかせぇよw

まぁ、おかげでシェアとりきれないんだと思いますけどね。
今度の取引先の方も、ほぼその理由でニコンにしてますからね。
どう考えても機能的にはKissの方が。というかKissで十分で
でもD60じゃぁちょっと・・・ってな人なのに。
しかも予算だってD90余裕で買えるような人でも無いのに。
名前だけで確実にこの手の層を取り込めるのに。

いいじゃん。車みたいに中身いっしょだけどちょっと外装と名前だけ
変えて売りだしゃぁさ。
なんだったら、名前と刻印だけかえりゃぁ済む話なのに・・・

まぁいいです。そんな事されたらなおさら太刀打ちできなくなりますからね。


つーか脱線しすぎ。

まぁそんなこともあったんですよ。

んで、最後の〆はやっぱりカメラマン。
最近フォーサーズ向けにも発売が決まったシグマの50mmF1.4ですが
ニコンも負けじと。というかフルサイズ機出したんだから当然の責務として
50mmF1.4をリニューアル。
ってなことで、このあたり気になってる人もいるでしょうってことで
コレの比較記事。

やるじゃん。

と思いきや、最初のポートレートの比較の時点で
はっきり言って何の違いも見出せませんw
あのサイズの印刷でどれがどれかわかったら神すぎます。
まぁ。それは紙面上仕方の無いこと。
あの印刷クオリティではもっとでかくしたところで違いが
あったかどうかも怪しいところですし。

なーんてちょっくら考えていて次の周辺減光についてのテストをみても
ほとんど違いが無い。なーんじゃこりゃ。

おかしいな。と思い、その記事の導入部をあらためて読んでみると
「記事を書いたときにD3xが未発売だったためD300でテストしました」

頭おかしいんじゃね?w

いやいやいやいや。
なんでD3じゃダメなわけ?
なんだったらD700でもいいでしょw
D3xがどうのこうのなんてのは
フルサイズで撮らなかった理由にならないんですけど。

今この記事書いてても不安になりますよ。
間違ってたらほんとにすいません。俺の目がおかしいんです。

って言うぐらい信じられない、意味が分からない記事。
そんなありえないことがあるのかというぐらい信じられないので・・・
機会があったらもう一度見てみます。
私の見間違いであって欲しいとすら思います。

そんな大晦日。

来年はオリンパスのマイクロフォーサーズ機やら
上記のエントリー機がモデルチェンジするとしたら
AFがどうなるか?など楽しみになりつつ、今年も一年ありがとうございました。


ということで。2008年書き納め。
雑誌ネタ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
さぼってましたw 雑誌パクリいきまーす!
2008 / 10 / 21 ( Tue )



とある森の蒸留所・・・

って森のっつったらバレバレかw
今度は絶対のめるように段取りしていこう・・・

ええ。まぁちなみに私は普通が嫌いなもんですから、
世間がトヨタといえばマツダを選びますし、
キャノン、ニコンといえばオリンパスを選ぶわけです。
携帯は当然Willcomですよ。何言ってるんですか?

んで、ポリフェノールだ赤ワインだといって
酒屋でアホみたいにワインを取り扱ったり、
やれ、焼酎ブームだ健康ブームだの言ってる時に
はじめた酒がウィスキー。
そんなこんなで、山崎と軽井沢はいったことがあり、
このたび本命ともいえる白州に。
(正直軽井沢はオマケ的なw)

まぁ一人旅でくるもんじゃないとw
つーか、それにしたってタクシー使うとか何とかすべきだと。


さてさて、今月の雑誌というか
号でいえば来月号ですが、でましたので適当に見てきましたw

フォーサーズ信者的今月の一押しは!!!!


なんといっても日本カメラ。

なぜか表紙がオリンパスの
マイクロフォーサーズコンセプトモックアップとPenF(FTでした?)

何考えてそうしたのか不明ですw

どーしてただのコンセプトモックアップと
その先祖みたいなのをだしてくるのか。
それを表紙にしてしまうのか。

金でも積みましたか?w


いやいや。まぁここは日本カメラが隠れフォーサーズ信者なのだと
好意的にとらえておきましょう。

あと、ページ数はそれほどではないが
パナソニックのG1の記事でおもにマウントアダプターについて
深くつっこんでたところがまたマニアック。
そのあたりも興味あるならなおの事ポイントの高い今回の日カメ。
必見ですぞw
雑誌ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日は記事が二件ですよw
2008 / 09 / 23 ( Tue )



近づいてきてやる事は結局それかいw
&全身像




つーことでこちらは雑誌ネタ。
えー。今回のオススメ雑誌は三点。
・相変わらずのデジタルカメラマガジン(DCM)
・ZD9-18mmネタが熱いデジタルフォト
・やっぱり老舗のアサヒカメラ

まぁこの辺ですね。

DCMは先ほどの記事にも書いたとおり
マイクロフォーサーズについて、オリンパスへのインタビュー記事があるのでオススメ。
G1の記事もあったし、マイクロフォーサーズについてなら今回はDCMかなと。
正直、G1の発表も各誌発売までぎりぎりだったのでまたあんまり取り上げない
感じかなぁと思ってたんですが結構出てましたね。
ただ、特にこれは!という情報はなかった感じ・・・
どちらかというとただのニュースとして情報の羅列しただけ・・・
というところもあったなか、DCMはAF速度などにも言及していたし。




んで、ZD9-18mmについてはデジタルフォト。
これはキミオちゃんというのが若干個人的には気に入らないがw
とはいえ、作例横のコメントはかなり絶賛に近いもの。
そのくせ総評では、「開放でもまぁまぁ」などとちょっと
強がってるところがアレだがw

つーか、ホントすげぇですねこのレンズって感じ。
周辺部の光源とかコメントされていたが、そのとおりの流れなさ。
フルサイズといえば広角ですって?
笑わせないでくださいwww

ぐらい言ってのける事ができるようになるぐらい
よくぞやってくれたという傑作

なんじゃなかろうかと、アレを見る限り思っちゃうんですが。

あと、それ以外でもまったく別記事で
南国かどこかの写真で、カモメじゃなくて
なんという名前か、忘れましたけど
飛んでる鳥を見事にとらえた写真もE-3で撮られてたりして、
12-60mmのSWDだからこそ?といいたくなるけどw
撮影しにいった人たちが写ったの写真にはどう見ても
1Dと、長玉という装備ばかりだったのに
決定的瞬間をとらえたのはE-3と12-60mmだったのはラッキーw

ナニがすごいって、鳥が飛んでるところをキッチリ、
しかもおそらく近距離で広角寄りで撮れている事自体もすごいが、

なぜか鳥がカメラ目線www

まぁ、とりあえず見てくださいとしか言いようがないw

いや、よくカモメとかに餌でつって撮るってのはありますけど、
どう考えてもどっか別のところに飛んでいく感じで
横目にカメラ目線ですからね。

こいつなに?って思わせる写真。
まぁ、どっちかというと、鳥のほうがそう思ってるんでしょうね。

飛んでいたら、カメラマンがいて「こいつなに?」と思って振り向いたみたいなw




そして、最後にアサヒカメラですが。
私はある意味今月の一押しです。アサカメ。

はっきり行ってフォーサーズ関係は別に・・・w

いつもお世話になっております。
そう。ニューフェース診断。
アサカメといえばやっぱこれでしょう。

今回は現状としては中盤以上をのぞけば最高峰の呼び声高い
キャノンの1Ds3です。
こいつが、どのように評価されるのかさすがに気になりましたので・・・

つっても、流し読み。
旅行帰りでつらかったのでw

ナニが気になったかといえばAFですね。
レンズは50mmF1.8とちょっと謎なテストなんですが・・・
せめてUSMのF1.4にしてあげて欲しいところではあるんですが。

評価としては、いつもどおりの前ピン気味と。
まぁこれは当然なんですよね。
被写界深度ってのは、手前が浅いですから
外すんなら前ピン側に。
というような仕様にそもそもしてると思うんですよね。各社。
まぁこれは素人の想像でしかないんですけどw

精度について、中心はなんら問題ないとのこと。

そう。中心は。

中心以外の測距点についてもしっかりデータを取ってます。
さすがは天下のアサヒカメラ。歴史が違いますからねもう。

だから、結論もすごい。
ズバッと出てきたデータから言えることを言うだけだこのやろう!
と。男です。
決して、シェアがニコン>キャノンになったからとか
そういうことではないと思いますよ?たぶんw

勿体つけてすいません。
結論。

「中心以外についてはF4まで絞った方がよい。」

え?そんなに絞んないとダメなんすか?w
というぐらい外すようですね。

これで下らないフォーサーズアンチへの有効な反論が増えましたw

フォーサーズがボケないとかいっても、

フルサイズもAFの精度的に

F4まで絞らなきゃいけないんなら

意味なくねwwww


F4つーことは、同等の画角で2段ほどボケ量については差があるわけですから、
フォーサーズならF2。

なーんだ。ボケ量についてフルサイズに対抗するのに
F2ズームでやっぱり十分なんじゃんw

ボケないネタが出るたびこちらはF2ズームが・・・・と
もしくは、
F2ズームを自慢するたびアンチがボケ量が・・・と
こんな話が腐るほどされてきたわけですが、
結局はそもそも画質の点でも散々フルサイズは絞らないと・・・と
言ってきましたが、ピントの精度でやっぱり絞らないといけないのかよw


つーか結局その自慢のボケ量が

アダになってるってことじゃんwww


ピントの合致については便宜上、許容錯乱円の範囲が基準になってるわけですからねぇ。
つまり、フルサイズってのはこういうことですね?


ボケ量が大きいぜ!すごいだろう!

けど、その許容範囲を満たす

AF精度はないけどなwwww


なんじゃそらwwww

なんか、散々フォーサーズは小さく出来るとかいって
デカオモレンズばかりだだのくそだの文句言われた記憶があるんですが。

結局ペンタックスもK-mが限界。
ここまで来て、ほらね?といえるだけになってると思う。

一方、フルサイズはというと、自慢のボケ量がコノザマwwww


ご自慢のボケを活かした画像ってのは、

主役も全部がボケるっていう意味ですか?w


つまり、

ボケボケ画像っていう意味ですね?wwww


なるほど。やっと納得できましたよwwwww
雑誌ネタ | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
んでは今月のオススメ雑誌
2008 / 08 / 24 ( Sun )
てっきり、マイクロフォーサーズの記事があると思ったが、
かんがえてみりゃお盆直前ぐらいに発表されたから
厳しいのかねぇ。

まともに記事にしてたのはDCM(デジタルカメラマガジン)と
CAPAぐらいなもの。
それ以外では、最近のニュースとして取り上げる程度のことは
しているところもあったが・・・

上記二誌でもやはり充実しているのはDCM。
影響しているカメラとしてPenFやE-330、E-420をあげており、
勝手な想像画としてもやはりPenFをイメージしたようなものを
予想しているあたり、ファンの気持ちをわかってるねぇ・・・
ってな内容。
さらには、オリンパスの小川さん?だったかのインタビューもある。

私としては、やはりライブビューについてE-330がパイオニアである
ことを言及していることは特に評価したい。
そうだよ。そうなんだよ。
われわれとしては当たり前のことなんだが、
そこんとこをわきまえてない他社の中途半端な信者どもには
しっかり伝えておいてくれんと困るのだよ。

さらに、別記事である520のAFライブビューに関する特集も
かなり興味深い。
現行レンズについて今後コントラストAFに対応するのかどうか。
そういったことについてかなりつっこんでインタビューしている。
実はEシステムの立ち上げ当初から考えていたとのことで、
がんばりゃ全部対応できんじゃないの?ぐらいの
勢いを感じたが・・・まぁ実際のところやはり
細かいところで厳しい部分はあるのだろうが、
基本的な構造としてはできるようになっているようではある。
(実際ハイブリッドAFでは確定こそしないがコントラストAFの
動作自体はするわけだから、マジだろう)
つまりは、無限遠以上にフォーカス移動ができたり・・・
という事が最低限、コントラストAFを実現するために
必要であるとかないとか・・・
そういう話があった気がするんだがw(適当w)
そういったことであろうか。

んまぁ、とにかくあらかじめ考えてはいましたよ。
ということらしい。(なげやり)

さらに、ついでに。
なんでいまさらという気もしないでもないが、
E-3のバリアングル液晶をとりあげて、
これこそライブビューのすばらしさだ!

って。ほんとイマサラフザケンナ!っていいたくなるような
タイミングだが、まぁ取り上げてくれりゃぁいいさ・・・

さらに、ねこ好きにはたまらん写真もあったりするので
そういった意味ではさすがはDCMというところ。(すげぇ主観w)


CAPAのほうはというと、オリンパスはE-420のさらに小型化を
目指したものを出すのではないかという予想。
うーむ・・・正直どうなんだろうか。
もしかしたらE-420後継はマイクロフォーサーズで。
ということも書いてあったが、まぁその点については
私も最初に書いた事ではあるが、E-420の後継がすぐ
マイクロフォーサーズなのかどうか、
ましてオリンパスとしてマイクロフォーサーズの
第一弾がそういったものってのは、なんとも微妙な気がする。
最終的には3桁機が・・・というのがたしか
私の書いたのはそういう方向性かもしれない
という事だったと思うが・・・いってることが違ってたらすいませんがw


それ以外では、アサヒカメラのニューフェイス診断だが、
今回はDP-1。

ちょっと気にはなっていたという事は以前書いたが、
かなり驚きの作例で、これは何が悪いのだろうか・・・と
思ってしまった。
とにかくちょっとコノ作例は載せない方がいいんじゃないかと
言うほど、偽色がひどい。
正確にはなんといっていいのか、わからんのですが
カラーノイズ・・・というかなんというか偽色なんでしょうけど
画像処理系の問題なんでしょうか?
(価格.comのDP-1の口コミでアップされてる写真なんかでも
似たような事になってる写真がありました。肌がすごい。
正直、E-300のISO800でもこんな事にはならんかと
ノイズについては比較的許容するほうなんで、
それ以外の写真ではISO800でも使えそうな感じですが・・・
肌が何でああいうことになるのか・・・)
お祭りかなんかの写真だったと思うんですが、
こりゃいくらなんでも、すごいなと。ISO400だからなのか
なんなのか・・・
ましてレンズはF4ですから、
ISO400ぐらい普通に使いそうなんですけどね・・・

どのみち、モッサリってのも以前から聞いてましたし、
F4ってのも正直、どれだけ言い訳してもちょっと納得できない仕様。
つーか、レンズ以前に画像処理がよろしくないんでは
あまりにもお粗末ではなかろうか。
これでそこそこの値段なら、文句も言わんが、正直
E-520や420以上の値段でコレでは・・・
スナップ用途であればなおの事レスポンスは要求されるわけだが、
それも悪いとなればちょっと使う気がしない。
さらにはJPEGもあるとはいえやはりRAWでとった方が
いいような事も言われる。

スナップっつっても、レスポンスが悪くてレンズも暗くて
お手軽・・・とはいかないRAWでの撮影。

どうしたいのか。と正直言いたい。
画質重視はわかるが、結果的にはそうなってないような。
レンズも無理せずF4なのはいい。さぞかし優れた性能なんだろう。
んだが、出てくる画がレンズ性能とは関係ないところで
発生する偽色がすごいことになってたら
それちょっと違いませんか?と。
それだったら、少々レンズの画質的な性能を落としてでも
明るいレンズにすべきだったのでは?
高感度もダメなんですから、単焦点でF4はいくらなんでも。

わたしにゃこれに8万ブッコむのはむりっすね。

つーかスナップ用途なら、圧倒的にデカイとはいえ
やはりレスポンスを重視してE-420なり
もしくはコンパクトさが譲れないのであれば
普通のコンデジ買いますけどね。
正直、そこまで圧倒的な画質ですか?DP-1・・・ってなことが。

まぁ、コレを教訓にマイクロフォーサーズではこんな事にならんよう
頑張っていただきたいところです。
つってもフォベオンみたいにややこしい処理はないので
変なことにはならんとは思いますが。
雑誌ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
今月の・・・カメラマン(笑)
2008 / 06 / 21 ( Sat )



E-3と12-60。階調オート


いやー今回は珍しく発売早々みてきましたけども。

特段ネタになるものもなかったので、
またもや痛々しい雑誌No.1のカメラマンをつるし上げますw

んで、恒例の年寄り4名による座談会みたいなカメラ批評の記事が
あったわけですよ。

以前からずいぶん物分りの良くなった那和タン。
というか、彼のブログでもかなりフォーサーズを使っているし
そのとおりにE-420は結構評価しているようだった。

というかね、以上なのは一人だけなんですよ。もはや。

ここからはかなりのことを書くのであえて伏せますけどね。

そうですね・・・Aさん

とでもしておきましょうか。

Aさんといっても、苗字の頭文字がAであるという意味で

Aさんとしているわけではないのであしあからず!


そう、あくまでも不特定である事を意味するAさんです。

青木さんとか、阿部さん
とか、そういう名前であるかどうかは定かでないということなので
間違っても特定しないでください!

あと、彼の発言は青にしますが、
詳細は違います。だが、内容はだいたいこういったことだと
思っていただいて間違いないです。


さて、この辺にしておきましょうか。前置きは。


まず真っ先にD60があったわけですが、
一体全体この機種をどのように褒め称えるのか見ものだったわけですが、

真っ先に褒め称えたのがやはりニコン教の重鎮Aさんでしたよ。

まぁ、あまりにも見苦しいのでなんてかいてあったかなんて
いちいち覚えてませんがw

しかし、笑っちまうのがゴミとり。
ニコンはマジメだから

オリンパスみたいにローパス震えさすダケで済まそうなんて

思ってないんじゃないか?




おいおいおいおいおい耄碌ジジィ!

寝言は寝て言えよマジでw

ローパス震えさすだけなのはそれこそニコンだろうがw
D60ではなんかオマケで気流とかついてきてるけど、
そのローパス震えさせえるだけのキャノンの方が
テストではまともな結果がでてるんだが、コレは一体
どう説明するんだい?

それに、オリンパスが震えさせてるのはローパスじゃねぇんだよヒゲじじぃ。
スーパーソニックウェーブフィルターといって、
ごみとり専用フィルターがあるわけだよ。わかってんのか?
変なヒゲはやしてるだけのことはあるぜまったく。
そもそもあの顔、酒飲みすぎて肝臓悪いやつの
二日酔いの朝みたいな顔のむくみ方してるから
さっさと病院行きなさいって。マジで。

もちろん、心療内科とかそっちの方ねw


んで、オリンパスのE-420とE-520のページで書いていた悪口が。

情熱だけの子どもの恋愛みたい

え?それって、

Aさんのニコンに対する

感情を表現したんですよね?w


そもそも、カメラに対して言ってる意味が分かりませんw

さらに言う事が、

オリンパスってちょっと

機能落としてだすみたいなことして

それって、昔の感じだよね


あいかわらず、何が言いたいのかよくわかりませんが、

お宅の大好きなニコンの、
現在で言うところのD80、D60、D40のラインナップは
どのように説明していただけるのでしょうか。

もちろん、ちょっとまえまではもっとひどい

D80、D40x、D40というラインナップ

であったことをお忘れか?


画素数が違うだけとか、あとは大きさとマウントなどという

メーカーのてめぇ勝手な問題の違いによるしょうもないラインナップでよく言うね。

ここまで来ると、一体全体ニコンからいくらもらってるのか正直に白状して欲しくなってきますが。


そうそう、D60のところで記事外にあるAさんのD60に対する褒めコトバが

D60の悪いところなんてないでしょ


すいません。悪いところっつうか、特別とりたてて言える様な
良い特長を見つけるほうが難しいぐらいですw


バランスが良いといえば良いのだろうが、
ほぼ全てに置いてKissに負けてしまうバランスってどうよ。
雑誌ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ