3535のススメ。 だけど写真はあいかわらずかよw
2007 / 12 / 24 ( Mon )



記事のカテゴリってやっぱり記事の内容にあわせて
カテゴリ分けたほうがいいよね・・・っていまさらw
今度整理しますw(いつよw

35mmF3.5は画角的にスナップ的につかうにはちょっと・・・
と言う人がいるんですが、これをマクロにだけ使うのはもったいない。
せっかくコレだけ小型軽量で画角的にも極端なものではないので
ちょっと狭く感じる事もあるんですけど、その辺は構図を工夫するなり
して使ってみて欲しいですね。
画面から少々はみだしたって問題ないじゃないか!ってなことで
撮ってみれば、いままで撮っていたものと少し違う感じがして
それもまた楽しいってもんかなと。
画面の枠にはめようはめようとしすぎるから少しの画角の違いに
無駄に執着してしまうんですよね。
私も出た当初はなぜ35mm・・・と思いましたが、ポジティブに考えて買いましたね。

スナップにおいて必要な要素って手軽である事のほうがよっぽど重要なのかなと。
画角はまぁ何とかすりゃいいじゃん。みたいな。
とはいえ、広角は広角のよさ、広角にしか出来ない表現とかってのもありますが
特にコレは絶対こう撮ろう!ってもんが無いような
おさんぽスナップやなんかに使うのに、少々の画角の差に執着せず
がんがん使ってみて欲しいですね。

まぁ、あたくし見たいにE-3買っちまって、
12-60や14-54といった優秀な標準ズームを持っていると
やっぱりどうせなら3535持って行こうと買って思いがちなんですがねw
しかし、E-410やE-510をもっているならやっぱ単焦点でこれだけ寄れる
さらにレンズが奥まっているというおかげでフードも特に必要ないという
軽快さは他にかえられないかなと。

つってもズームレンズも結構寄れるからまぁあれなんですけどねw
このマクロ性能も考えるとやはりE-410あたり買った女性なんかには
ぜひとも使ってみて欲しい。
この手のものを買うときにゃ価格的に厳しい目を持つ人が多いので
安価である事もいいですし、
ちょっとショッピングでかわいい小物を見つけたときなんかは
マクロが役に立ちます。特にアクセサリー、イヤリングやピアスといった
ものであれば、いかに寄れるズームといえど3535にはかなわないので
こういったものを撮る上でも3535の良さって実感できると思うんですよね。

正直おれみたいな野郎だと、たとえかわいいと思ったとしても
そういうもん撮ってたら店員さんや他の客にどんな目で見られるかわかったもんじゃないですw
印象的にも
男だったら「てめぇ撮ってんじゃねぇよ・・・」ってのと
女だったら「意外と一眼レフなんて持っててカッコイイ・・・」と思われるのとでは・・・
ま、どちらにしろ女性にしろある程度見た目に左右されるところは
あるとはいえほとんど男女差別じゃねぇかゴルァ!って感じですけども
それが実際のところなんじゃないかな?なんて。

女性らしい写真ってのは何も感性の問題だけじゃないと思うんですよね。
なかには、そういったものは野郎がやすやすとはとれねぇよ・・・
ってなもんもあるわけです。

上で書いちゃいましたけど、ほんとズームレンズでもかなり寄れてしまう
ので薦める上ではほんとこまっちゃうんですけどw
とはいえ、それらと比べたときの利点といえば
14-54、12-60比で言えばやっぱり圧倒的に小型である事
14-42比で言えば、倍率と明るさと描写ですよね。

14-42を持っている人にいかにおすすめするかと考えた場合が結構困ってしまうんですが、
12-60と同じ最短撮影距離ですが、最大倍率で比べればわかるとおり
かなり違ってきます。さすがに84mm相当と120mm相当の違いはでかいですね。
12-60でマクロ的につかっててほんと困らないんですよねw
でも、これだけ倍率が違うという事であればおそらく14-42では
かなり小物を撮ろうとすると物足りなさはあると思うんです。
その点、3535なら12-60どころではない倍率まで撮れますからね。
正直ほとんどの人は必要ねぇだろ・・・w
って言うぐらい寄れてしまうんですが、拡大しようとして困る事が無い
ってのがいいのかなと。
明るさの面でも、14-42mmと3535なら実は大分変わってきます。
まず、なるべく拡大しようとしたとき14-42であれば当然42mm相当をつかう
わけですが、これだと開放がF5.6になります。これと比較すれば1段半違い、
同一焦点距離で比べると一段かそこらの差でしょうが、当然これであれば
撮影倍率がさらに低下することは言うまでも無いですね。

明るければ当然シャッタースピードも稼げますしね。
マクロでは絞るのが基本だろ・・・って言っても
お手軽スナップの延長としてマクロを使う場合だと
シャッタースピードの方が優先されます。三脚なんて持っていかないでしょう。
それにフォーサーズは幸いと他のデジタル一眼レフカメラが採用している
システムよりも被写界深度が深いので、開放でも35mm判フルサイズでいえば
F7相当に絞った被写界深度になるので、開放じゃ被写界深度足りねぇってことにも
なりにくいかなと。
それにそもそもスナップ用途としても使う事を考えれば・・・

なんといってもマクロ単焦点の描写。これはやっぱり一眼レフを買った以上
だまされたと思って買って体験して欲しいですね。
35mm F3.5 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
12-60とE-300だとボディ下と面位置なかんじ?
2007 / 12 / 15 ( Sat )



さすがにしっかりしてます。12-60mm
私にとって初めてのオリンパスのHGレンズなもんで。
これで完全なる防塵防滴になったわけです。
たしかにマウント部の外側にシーリングされていますねぇ。
当たり前ですがw

初めて小川町で触った時のようなズームリングの異常な硬さは
感じないです。
ブルーとシルバーのラインもしっかり軽金属?アルミ?な感じで
悪かないです。
なっといってもこの太さとしっかり感はE-3とのマッチングは抜群。
見た目的には断然ズミルクスだけど。

AFですが、やはりボディの性能によるところが大きいとはいえ
E-300につけた場合も、動作の速さはさすが。
やはりそもそも移動スピードが速いので。

ただ、ちょっと問題が。
E-3で使う場合、シングルターゲットで使うほうがいいですね。
つーかあえて苦言を呈すると、オールターゲットと
ダイナミックシングルターゲット(5点のやつ)の設定で
この12-60mmをつかうと、これは不具合と言ってもいいであろう
よろしくない動作が発生する時があります。

具体的には上記のとおりシングルターゲット以外のとき、
ピント位置が最短などの状態でボケボケのところから
5m程度はなれたコントラストの低いものにピントを合わせようとすると
最短距離のピント位置からうろうろするというか、これ以上これないのに
更に最短にあわせようとする?みたいな感じで結局合焦せず。
まぁ、べつにこのコントラスト低いもんに合わないからダメだって言うつもりはないんです。
おそらくこんなもんは1DsだろうがD3だろうが合わないであろうモノなんで
それはいいんです。
ですが、そのあとAF作動させようとしても一定時間作動してくれないんですよ。
いつまでも探しているのか、ちょっとプログラム的に無限ループに迷い込んだような
感じになっちゃうんですよね。
AFのルーチンがおそらくあまりよろしくないんだと思います。
ダメならダメでいいから、もう一度AFスタートさせる動作を行ったら
(半押し、もしくはAEL/AFLボタンをおしたら)
前の分は無視してさっさとAF始めてもらわないと困るじゃん。

この現象はシングルターゲットでは発生しないのでまぁ今のところ
直してくれるものと思って待っておきますが・・・

しかし、縦グリもなにやら怪しいと言う話も聞こえてきますし、
とにかく評価部門はなにやってんだと。
まぁ。開発の方がバグつぶすのに時間がかかってて予定が押したって可能性もあるわけですが。
私も評価の仕事ってやったことあるんでちょっと文句言ってみたりw
しかし、この程度の不具合発見できないとは・・・

オリンパス。俺を雇った方がいいんじゃないか?w

↓これはGJ。
http://olympus-wonder.com/main.html?gid=4&fv=yes
35mm F3.5 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |