コンデジは新時代なっている。もうだれもみてないかもw
2009 / 05 / 12 ( Tue )



なんでもない写真。

実家に帰り、やることもないので久々に散歩写真。
学校の裏山ってやつです。

さて、まぁどう考えてもこの更新のしなさ
飽きてほったらかしになってる、死んだブログだと認識されても
おかしくないわけで・・・w

仮にも見ていただいている方がいたにもかかわらず
このような有様でもうしわけないとしか
言いようがないですが。


ソレはともかく。久々にカメラに興味を持ったので(オイ

とあるスポーツにはまってるというのもあるんですが、
試合の撮影などのために
やっぱ動画をとれるものがほしいなーと
思っている今日この頃。

しかし、ビデオカメラはなんか両極端というか
やっすいやつもあれば高いヤツもあるというよりも、
どこのメーカーかわからんような
SDメモリタイプのビデオカメラと
無駄にハイビジョン撮影が出来るタイプ。

うーむ。そんなものにあの金額は無理だ・・・

となると、やはりコンデジで十分じゃね?
というような考えに至ったわけです。

ちょーど、最近のコンデジのトレンドといえそうなのが動画撮影機能。
もちろん、動画撮影なんてのはそれこそデジカメ黎明期からあったもんですが、
いよいよ実用性も高くなってきて、
なかにはフルハイビジョンでとれるものまで出てきている。

そもそも、コンパクトデジカメの進化としては、
液晶が標準搭載されてからというもの
手ブレ補正がトレンドになり、
顔認識がトレンドになり
28mm相当の広角がトレンドになったりと
まぁいろいろなブーム的なものがおこりつつ、
最初は一部機種にしか搭載されてなかったものが、
そのうちどのメーカーも搭載するのが当たり前になった機能というものが
ほとんどであったのが今まで。

そのせいもあって、100-300万画素クラスが
メインであった頃のほうがよほど個性的なカメラがたくさんあって、
およそ600万画素以上にが主流になったあたりからというもの
まー、どのメーカーもそのうち同じようなカメラがでてくる
というような状態になっていた。

まぁそういうこともあって、正直あーんまりコンデジに興味がなかったというのはあったりする。

ところが最近状況が変って、明らかに個性を出してきたような気がする。

というよりも、やはりどのメーカーも同じ・・・
という時代にかなりデジカメ事業自体がエライ事になってたメーカーが
多数あったことがそうさせたのは間違いない。

やはりどのメーカーも機能的に変らないとなると、
価格だとかブランドだとかで勝負がつく。
その点で弱いメーカーが割を食っていた。

そこでどうしたかっつうとやっぱ個性を出すしかないってなことですわな。

サンヨーはもともとそうでしたが一貫して動画デジカメ。
生活防水のオリンパス・・・だったのがやっぱ普及機とタフシリーズで別の方向に・・・
とかまぁそんな感じですよね。

ここ数年で方向を見せ始めたのはリコー、カシオあたり。
リコーはGRデジタルをあててからというもの
全体的にメインの10倍ズーム機も含めて一貫した
落ち着いた高級感を出したデザインで統一という感じ。

カシオは高速連写などを売りにしたハイスピードデジカメ。
単なる高速連写ならそれこそオリンパスのUZシリーズなどが以前からやっていたが、
当初ソレ系のイカツイボディではじめたカシオだったが、
一般的なコンパクトデジカメタイプでもハイスピードを売りにしたモデルを投入。
コレは非常に面白い試みだと思う。
ただ、それほどがんばったわけでもない。
普通の考えでは、やはり高速連写とかを考えると
高倍率ズームがあったほうがいいだとか、
本格的なレンズ性能が・・・とかいうことを
安直に考えたために、いままでそういった
イカツめのボディにしか搭載されなかった機能な訳だが、
よくよく考えてみれば、コンデジタイプでも
そういう需要があるんじゃない?ってことで
入れたのが良かった。

リコーにしてもカシオにしても元はいわば
ハイエンドモデル向けのコンセプトを
いっぺん落ち着いて考えてみれば普及機でも
そうしたら結構いけんじゃね?
というような流れで現在に至るわけだが、
とてもすばらしい商品開発だと思う。

もはや、一般的なコンデジについては
カメラブランドとしてやはりなんだかんだで
強いキャノン、ニコンという存在があり、
また黎明期以降から現在まで手ブレ補正、広角というトレンドの立役者でもある
パナソニック。
信者も多いブランド力のあるソニー。

こんな猛者どもの中で同じ様な事して勝負しても
なーんもいい事が無い。
個性の無い機種でも勝負できるブランド力のあるメーカー以外は
独自性を打ち出すことで生き残りをかけるのが一番いい。
これはどこの業種でも言えることだと思うが。

そんなこんなで、結構興味深く見守れる
いわば、健全な状況になってきたデジカメ業界
そんな風な事を思ったわけです。

んで!もともとの私の用途的に気になる機種はなんと言っても
カシオのEX-FC100。

発表時から気にはなっていたものの・・・

カシオにとって最初のハイスピード機である
EX-F1ももちろんここでも取り上げたとおり
注目していたわけだが、やはり値段もあるものの、
デジタル一眼レフは持っているし、できることなら
補完するためにもいわゆる一般的なコンパクトデジカメが欲しい。
出来る事ならもって行く事が苦にならないものが欲しいんですよね。

そうなるとFC100かFS10ということになり、
あとはやっぱり手ブレ補正は欲しいよね・・・とか、
ズーム倍率と動画機能を考えるとFC100かなと。
価格コムでの最安価格の差もほとんど無いし。

もちろん、そもそも興味を持ち始めたキッカケである
動画機能についてはサンヨーという老舗もあるし、
最近ではパナソニックのFT1も魅力ではある。

んがしかし、この中から差を考えていくと、
サンヨーは正直特にコレといって動画以外にそそられるものが無い。
FT1は防水や広角レンズなどは魅力ではあるのだが、
やはりカシオのハイスピードムービー機能が非常に魅力的であると感じた。

防水なんてのはあればいいが、なくて困る状況が
どれだけあるかと聞かれると、私の場合ほとんどない。
海に行ったとき・・・なんて年に何回も無い。

やはり考えるべきは今はまっているスポーツのために活かしたいという点。
その点では、試合の撮影という目的であれば、
フルハイビジョン動画である必要はまったく無い。>ザクティじゃなくてもよい
動画撮影時間としてはFT1の方が圧倒的に優れているが、
1回の撮影につき4GBまでという制約があるもののFC100でもとりあえず1ゲーム撮る分には問題ない。
その点、下位機種のFS10は動画撮影時間が10分までという制約のため
これではさすがに1ゲームも持たないことになるので私的には却下。

決め手となったハイスピードムービー機能だが、
これはなんと言ってもフォームの分析にとても役に立つ。
それが、とても魅力に感じたという理由。
スポーツは、まぁいろいろありますが
スウィングのフォームが非常に重要になるものがある。

といっても、私がやってるのはゴルフではないがw

ということで、今個人的にもっとも注目の機種がカシオのEX-FC100。

信者的にオリンパスも一応考えたが・・・

いや、動画もぎりぎりいけそうだけどさ・・・
xDピクチャカードじゃぁやっぱきびしいっすw
動画撮る場合はやっぱ大容量のメモリがほしいですからね。


つっても。買うかどうかはまだワカランw
機能談義 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ああ・・・必死に探したけど何で書いて無いんだろ・・・
2008 / 07 / 16 ( Wed )



写真はとある夜景。たしかE-3と12-60mmかな。
時間がかかるのでノイズリダクション切ったらやっぱだめですねw
くわしくは元画像をどうぞ。


さて、タイトルですが、
てっきりこのブログにも書いていたとばかり思っていたんですがねぇ。

2chやらhiroさんとこでのコメントだったか、
デジカメジンだったかどこかでは間違いなく、
しかも一度や二度じゃなく、手ブレ補正載せはじめたころから
パナソニックのレンズ内手ブレ補正とオリンパスのボディ内手ブレ補正の
いいとこどりできるようにすればいいのに・・。
そんな難しい技術じゃないんだから。
って何回も言ってたんすよ!書いてたんすよ!間違いなく!(見苦しいw)

つっても、なんでこれを自分のブログに書いてないんだ・・・orz

これじゃぁ、いまさら言い出したみたいな感じで・・・


くやしいです!!!(サブングル)


http://dc.watch.impress.co.jp/cda/longterm/2008/07/16/8850.html

まぁそういう自己満足はおいておいて、ついにどうやらやってくれたようです。

だったら、さっさと50-200みたいな望遠レンズ出してねw>パナソニック

コレでついに勝った・・・(なにに?w)
最先端の最高峰の手ブレ補正が
ついにわがフォーサーズというオープンなフォーマット、
先進的、創造的な考えから生み出された我らがフォーサーズならではの
複数の企業による合作により完成されたのだ・・・

よくぞやった。やってくれた。
あと、北村さん。いままで散々いじめたけど
この記事はよくぞやった。

はっきり言って制御的になーんも難しいことってないと思うんですよね。
そもそもパナソニックどおしの組み合わせなら
レンズ側の手ブレ補正モード2ってのがつかえて、
この記事のやつとは逆に露光時のみにレンズ内手ブレ補正を
効かせるというものがあるわけですから、
(露光時の手ブレ補正がベストの状態になるモードなんですが。)
単純にこれの逆をすれば済む話で、出来ないわけがないんですよ。

ま、LVでも互換性ありにしたりと
最近よく同盟関係を良好に活かしつつある感じで
ますます今後の発展が期待できるますねぇ。いやはや。
機能談義 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |