ほんとサボりすぎてごめんなさい・・・
2008 / 11 / 03 ( Mon )



いわゆるポットスチル。
ウィスキーを仕込む際の蒸留工程で使用される。

このポットスチルの形状というのは本場スコットランドにおいても
蒸留所によってさまざまで、原酒のもつ個性にもつながる。
んで、日本はスコットランドみたいに蒸留所は多くないですから
サントリーなどは、さまざまな形のポットスチルを
一つの蒸留所で持っている。それこそ大きさからいろんなのが・・・

とまぁこんなところで。

フォーサーズネタとしてはいよいよE-30発表か?
であったり、
G1発売であったり、
それにあわせてレンズのファームウェアが更新されたり・・・

とまぁこんなところ。



んで、今日の記事の分類が関係ない話ってのは
どちらかというと、携帯各社が新機種発表したってことで
そっち関係で色々と・・・

といっても、最近はとくになにか目新しいことができるようになるとか
そういうことはないんですよね。
多分w
多分ってのも、私がウィルコムユーザーだからで、
正直一般の3社がそうでもないのか、そうなのかあんまりわかんない
ってのもあるんですよw

うちの上司なんかも最近携帯買いかえたが、それほど歳でもないが
イマイチ使いこなせてないという感じで、
ウィルコムなんかは未だにワンセグ搭載なんてとんでもないとか
お財布ケータイなんていつのことやらとか
言ったところでどれだけの人がそれを必要としてるのか。
まぁそんなところもあってね。

季節ごとに飽きもせずに新機種を発表している各社だが
そろそろ手詰まりというか、一体全体何を売りにして
どうやってこれから商売すればよいのやら・・・
そんな空気感なわけですよ。

あんまり進化がなくなっている。というような事の証拠に
簡単な操作が売りの携帯がロングセラー商品となっていたりすること、
あと、今年の携帯出荷台数がなんといっても酷い事になっている。

いや、むしろ今までがおかしかったといえるだろうが、
いわゆる2年縛りの割賦制による販売が主流となったことも
大きな原因の一つだが、
そもそもその2年縛りを破ってまで買いかえようとか
そういう程度のものがないってのも確か。

ここではまだ書いてなかったでしたかねぇ?
昔はau使ってましたが、見限った理由がペンクという機種で
ああ、このキャリアはもうだめだと。

思って変更しましたね。えぇ。
んで、未だに言ってる事が。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/27/news063.html

もう一度auらしく。

はぁ。あるある。
なんか、失敗しちゃったところが自分らしくとか言い出してるんだけど
で、結局なにが「らしく」なのか?
ぜんぜんわかってないようにしか見えないアホたれ。

ありましたよねー。ドコモ2.0とか。
一体何が2.0なの?と叩かれ、散々な目にあってましたが。
そんな姿を見ているようです。

だめなんですよねー。こういう大きいところほどもう
なーんも見えなくなってる。

それこそMNPがはじまった当初は一人勝ち状態でウハウハ。
そこにあぐらをかいてたらコノザマ。
私はこんなところだと悟ったからauやめたんですよ。

こういう企業なんですKDDIさんはね。
それがわかったのがペンクだった。
当時デザインプロジェクトでまぁがんばってたんですが、
あんなの出しちゃった。
所詮この程度かと。こういうキャリアなんだと。
その後はホント燦々たる結果。
メディアスキンなんて何にもデザインじゃねぇだろフザケンナ!
って思ったけどね。あんな技術屋のオナニーがデザインだ?

寝言は寝て言えよこら。

ただの表面の質感がいいでしょ?っていうことだけで、
デザインなんて何にもされてねぇだろタココラタコ。

んで、今回の新機種。
ここからauらしさってどういうこと?
むしろ説明してもらえませんかね?w
あたま逝ってるよ。これでauらしさとか本気で言ってるとしたら。

よかったよ。見限って正解だった。


まぁ、とはいえ私が愛用している(?)
ウィルコムもおっちょこちょいぶりはひどいもんで、
開発者並ばせて歯を食いしばって待たせておきたいぐらいなもんなんですが、
まぁそれはしょうがないとしておきましょう。

そんなおっちょこちょいな新機種でも一目みたいとおもって
渋谷のヤマダにちょっくらいってみたが、さすがにまだなかった。

つーか、なんだあそこ。
キャリア別になってないって頭おかしいんじゃねぇの?

店員に聞いたら、「メーカーで選ばれるお客様が多いというデータが・・・」

いや、俺も知ってるよ。そういったアンケート結果があったのは。だが、この記事も同時に読んどけと。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/23/news017.html

結局MNP利用者なんてのはこんなもんで、最初の頃はそれこそ鬱憤がたまった連中がどがーっと
利用したけど、いまはそんなでもない。
つまりはキャリアまで変えようってのはやっぱりそうはいない。
同一キャリアの中でメーカーを選ぶだけの事で、このメーカーがあるからキャリアを選ぶわけじゃない。
まして、いまどきそれほど個性なんてもんがある明けでも無し、機能的な違いも各キャリアでそれほどない。


なにより、ウィルコムはMNP関係ねーんだよ。なんで、ウィルコムまでごっちゃになって
わけのわからんジャンル別に置いてんだよ。
しかもデザイン重視なら・・・とかわけのわからんジャンルは一体誰の主観だっつうはなしで。

出来立ての店で力入れてるのはわかるが、ひどすぎる。

しかもジャンルわけも、全てのジャンルが青地に白抜きの文字で書かれてるだけ。
目的のものが一体全体どこにあるかまったく予想がつかない。

こんなひどい状態。
つまりは、販売店も困ってるってことなのかね?
まぁなんとかMNP使って欲しいとかそういうこともあるのかもしれないが・・・

アレはほんとにひどい。
コレを見てるヤマダの方は直ちにあの展示方法をやめさせるか、
やるのであればもっとわかりやすくしていただきたい。


あとウィルコム。
http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/spec/voice/index.html

いい加減、この表何とかしなさい。アホすぎます。


それに比べて、オリンパスはレンズラインナップのページとか
逐次更新してえらいねー。
最近非常に見やすくなったと思うんですが。
そんな難しい事じゃないと思いますよこういうことは。

普通に仕事すれば最低でもこういうことになると思うんですよ。

あのウィルコムのふざけた仕様表は本当に仕事のレベルじゃないですよ。
学生でもここまでひどい表は作らないでしょうね。多分。
自分で見てなんとも思わないのか不思議です。
ここまでひどいと、この仕様表を作ってる人は
すごーいでっかいうえに高解像度のディスプレイで作業してるか、
端末の細かい仕様全てが頭に入ってるから、
見る必要がないのかのどちらかだとしか思えないです。

まぁそんなことでね。いつか改善される事を祈ってます。

P.S.
G1買った方いかがでしょう?w(人任せ)
まったく関係ないネタ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
やはりいつかはSSDか。
2008 / 05 / 22 ( Thu )



いつものE-3と12-60mm
ちょっと中途半端かなとか思うところもあったりなんですが、
とりあえず的な選定の結果うp。


今回はこの話。

だいたい、みなさんのなかでもいつかは全て、もしくは
すくなくとも、ノート型PC、およびモバイル系はすべて
SSDになるんではないか?
というような予想はされているんではないでしょうか?

まぁそうなるんじゃないかなぁー見たいなことは思ってます。

んで、今回この記事の「価格はHDD搭載機種よりも10万円以上高くなる。」
という部分を見て、なんだか液晶が普及する前ぐらいを
思い出してしまいました。

私が、PCを初めて購入したのが、ちょうどPCのディスプレイに
液晶を選ぶヒトがでてきたぐらいの頃で、
当時15インチの液晶ディスプレイでも10万とかそれぐらいしていました。
CRTならやすいものなら2万とか3万(1万円台もあったかな?)。
そんな感じでした。

いまや、その2万や3万だしたら15インチどころかもっとでかいのが
平気で買えるのはもちろんで、ディスプレイといえば
当然、液晶という状況になり、なんだか時の流れを感じてしまったり。

もちろん、私としては現状1万円を切る値段で500GBとかいう
HDDのコストパフォーマンスに感謝するばかりなんですが、
動画だの、写真だの入れない限りは128GBのSSDで
十二分でしょうしね。
せいぜいHDDは必要なときだけ外付けで。そんな感じになるんでしょうかね。

個人的にはHDDにはもっとがんばってもらわないと・・・
会社的にはちょっとHDDの部品作ってるところとか関係があったりするんでw
まぁ、でも仕方がないですよねこればっかりは。


最近次世代DVD戦争にカタがついたわけですが、
うちの親戚関係上とか、私の趣向的なところから
HD-DVDが勝って欲しいところだったんですが見事に負けを喫し、
なんだか物悲しいかぎり。
しかし、負けるが勝ちだったのかもしれないと
今になって思ったりもします。

正直、HD-DVDとBDのたかが数十ギガとか、一層だったら
十数ギガ程度の容量の差でガタガタ言うのも
今の時代にはあってないなぁと。
そんなことよりもHD-DVDのBDに比べて
チリに強いだとかそういった性格の方が
バックアップ用途なんかを考えた場合重要だと思うんだけどなぁと
思ったもんで。


HDDが上記のとおりのコストパフォーマンスだし、
メモリも凄まじい勢いで容量が大きく、
またコストパフォーマンスも以前と比べれば信じられないような
ことになってますからね。
書き込みもめんどくさい上に、読み書きがメモリやHDDにくらべ
遅いなど、あんまりメリットがないような・・・
もはや、光ディスク自体がレガシーデバイスといっても
過言ではないのではないか?とすら思えてきます

次々世代ディスクまで保留で良いかなとかw


また、それと似た話で、EOS 5Dなんかが出た時には
一部で、そのうち全てフルサイズになるんじゃ?
みたいな寝言を言ってた人もいたんですが、
だいぶたっちゃいましたねw

ま、それも今年のソニー次第によっては変るのかも知れませんが。
とはいえ、カメラに関しては、PC関係のデバイスとは違って
光学系という、重要で且つ、電子機器とは違った性質のものが
絡んでるので、そう簡単には行かないんですけどね。

その辺がフォーサーズの妙だったりするわけですが。

撮像素子など電子部品系の進化と
光学系の進化。

この二つを考えた場合、やはり前者のほうが圧倒的スピードで
向上していくわけですから、
(といっても光学系も、9-18mmに載るDSAなど特殊レンズが
出現したり、ガラスの射出成型など、一時期の停滞にくらべれば
進歩が見られるような感じなんですが。)
やはり、電子部品関係では出てきた当初は若干不利なぐらいの
バランスで考えられたフォーサーズが良い線行ってるんじゃなかろうかと
そんな風に思うわけです。

現時点ではたしかにD3みたいに撮像素子をでかくして
画素数も少なめ。そうすれば、いろいろと恩恵があるのは
これは誰が見ても明らかで、子どもでもわかるような事です。

しかしこの先はどうでしょうかね?

いま、
「CRT、でか!重!
こんなもん、一般のヒトもほとんどがつかってたのか!」
と、思われるような

そんなことになる日が来ないとも限らない。
そういうことです。
まったく関係ないネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いまさら読んでるとある本で気になった事
2008 / 05 / 10 ( Sat )
なんだかこっぱずかしいとか、その他もろもろの理由があるので、
タイトルは書きませんが推理してくださいw

そもそも、その本を読んでいる理由ってのは
作者がほぼ同年代で、且つ、出身も同じ、
しかも、賞を取ったその作品のあらすじを知ったところ
おそらく、かなり共感できそうであった
(作品の主人公と同じようなことを思っていたし、
状況的にも実際ほとんどそういう状態であった頃があった)
ことに起因する。

まぁ、それ以外にも上記のとおり年代と出身からくる
ちょっとした作者に対する親近感と反対に
有名な賞をとって話題になっている作者が
あまりにも自分とはかけ離れた所にいるということに対する
うらやましさとかそんなもんかな。

そんなことで、そのときは気にはなっていたが
読まずじまいだったのを、他の本を楽天ブックスで注文したときに
送料無料になるようにいっしょに買ったものの、
それからもまた、結構放置していたって感じ。

まだ、全部は読んでいないがこれだけは書いておきたかったので。

装丁が非常に悪い。

おそらく、この本をご存知の方ならどんな装丁か
すぐに思い浮かぶのではなかろうか?
それぐらい、装丁そのもののコンセプトとかっていうものは
よくわかるもので、おそらく主人公を描いたのであろう
そのイラストは作品に対する印象に大きく影響している。


主人公の微妙な立ち位置から、主人公が不細工でははっきり言って成り立たない。
しかし、簡単に紹介されるときのあらすじなんかを見ただけでは
不細工な主人公であるという想像をする可能性は多分にある。
そのことを、恐れたのか、はたまたそれ以外の何かの意図があったのかは
定かではないが、主人公は比較的かわいいのではないかと
想像させやすいイラストの装丁が必要であったとは思えない。

いや、正しくは商売上必要であると判断されたことはわかるんだが、
本当に作品を作品として扱うのならば、そうすべきでなかったと思う。

文学は文での表現を楽しむべきで、それ以外のものは
必要以上に想像、というか読書の邪魔をしてはいけない。

挿絵や装丁全てを否定するわけではなくて、まぁ程度の問題とか
いろいろあるわけだが、それは写真もそうだと思うし、
他の芸術だってそう。



とある美術館で鑑賞したあと、解説のようなことをしている
教授だかなんだかの人も、
「こういうことはあまりしたくないんですが・・・。」
とおっしゃっていたが、
本を売る側もそんなような感じだったのかもしれないけど。


どうしても、商売ってのは考えなくてはならないしね。
話題性、とくにこの作品は、というかは
その年のこの賞はひたすら話題性が重視されていた感は
誰の目にも明らかだったし。
「内容が悪いのに」という事かどうかはその時点では
わからないものの、いかにも商売的な要素が強く感じられた。

作者が正直かわいかったってのが。

(ここから先、かわいいの基準についても昨今気になる事があるので
かなり付け加えて書きますが・・・)

賛否両論あるかもしれないが、確実に人並み以上にはかわいいだろう。
ちなみに私の「人並み以上に」の基準はこの場合
街中で20-30代(べつに10代を入れても40代をいれてもOKだが)の女性を
目に付いた順に100人評価したとして
その偏差値50を超えるかどうかというのが
一つの基準として考える。
で、あれば間違いなく偏差値50は悠に超えると思う。

そんなことはない。とおっしゃる方は、
おそらく目に不細工カットフィルターが
標準搭載されていると思う。
まぁ、確かに街中で印象に残るのは
明らかにおかしいやつか
むかつくやつか
美男美女ってなもんでしょうし、
だが、やはりちゃんとした評価を下すためには印象に残らない
データも入れないとまっとうな評価は下せない。

といっても、正規分布になるかどうかあやしいところだし
そもそも何をよしとするかと言うあいまいな部分は多いので
まっとうなといってもまっとうではないんだがw

ともあれ、偏差値50は40点ぐらいなものだというのが
私の持論なので、そう考えてもらえばわかりやすいか。

あと、さらにいえば私の場合その基準は
このようにして自分の偏差値基準を
100人に作らせたとして(まぁ1000人でも10000人でも良いが)
好みによる差やなんかがあるので
その対象のほとんどが偏差値50以上と評価するか?
ということも加味した上での基準。

そんなことをいっても自分の趣味外の価値ってのは
やっぱりなかなかわからないもので、そんな基準ってのは
どんだけ言っても底がしれているわけだがw



閑話休題、そんな話題性で引っ張った以上
やはり装丁も商売的にふってしまうのもいたしかたなしか。
しかし、少なくとも作品中で主人公は人並み以上のルックスであろうと
想像されるし、この装丁は余計というか、他になかったのかと思ってしまう。



とまぁ、取りとめのないどうでも良いことを考えてしまったので

ここに記す
まったく関係ないネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いまさらながらですがマツダデミオ 世界カーオブザイヤー受賞おめでとう!
2008 / 04 / 30 ( Wed )
いやぁ、写真はたまってるんですが・・・w
ずぼらして、今日はなしよ。

すんません。関係ない話で申し訳ないんですが、
マツダファンとしてはやっぱり書きたいわけですよ。

今回のデミオなかなかやるなぁとか思ってたら
世界をとってしまいましたか。
まぁ数年前からマツダってばヨーロッパCOTYではアクセラが
あのフォルクスワーゲンのゴルフと同率2位だったり、
アテンザもたしか2位だったような・・・

そういえば日本COTYでもロードースターがCOTYに選ばれたと思いますが・・・
何を隠そう以前初代ロードスター。つまりユーノスロードスターですが。
そいつに乗ってたこともあって、
また、現在一番乗ってて楽しい車作りってのを考えている
メーカーって感じで(むしろそれ以外のことは二の次ぐらいの・・・)
まぁその心意気が大好きなんですが。

今回のデミオにしたって、根こそぎコンパクトカーとかいって
利便性を考えて、これでコンパクトかよってのが
わんさかある現在において、
(ま、マツダにもベリーサとかありますけどね)
このパッケージングってのはさすが。
走りについてより重視し始めてフォードグループを牽引しはじめてから
さらにその方向性に自信を持って突き進んでいる最近のマツダ
個人的にはますます期待のメーカーなわけで。
周りのメーカーが何しようが知ったこっちゃねぇといわんばかりに
わが道を行く姿は惚れ惚れします。

どうせ、そんな利便性を追求したもんなんかだしたって売れねぇんですよ。
マツダが作ったってね。
結局はトヨタだのホンダだの日産の車が売れるの。
そんな世間に迎合したってさ。なにせ日本ですから。

ってなわけで、シェアも大事だけども、
俺個人にとって見れば、俺好みのものを作ってくれる事が
一番ありがたいわけで。
わたしゃ、そういうメーカーが何においても好きなんですわ。
まぁそういうことです。

そんなことよりも、宝くじなりBIGなり当たってくれにゃ
この大都会では車は買えねぇw維持できねぇw
つか、カメラだけでも死んでるのに、車とかマジ無理w
神様はやく・・・金頂戴・・・
まったく関係ないネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
村上龍は本当にあれですね。
2008 / 04 / 16 ( Wed )
こんなやつとか。

具体的にあれが何を意味するのか書いたら今のご時世なにがあるかわかんないので
「あれ」としましたw

はっきりいって、私この男がだいっきらいです。

たまにテレ東のガイアの夜明けを見るんですが
なんでこの男がこの手の番組で調子こいてるのか。正直ウザイんですよ。

小説家は小説だけ書いてなさい。
小説ならフィクションで済むんだからさ。
そっちのほうが似合ってるって。マジで。
正直なところ、この人の小説は読んだことがない。

小説は面白いのかもしれない、が、この番組やらの言動を見る限り
たとえ芥川賞をとっていようがなにしようが、読む気にはならない。
もったいないというほかない。

まぁ、私のこのブログも、私の痛い文によってオリンパスの
マイナス宣伝になってるというようなことも
あるだろうということからすれば、
言えた義理ではないのかもしれないがw


さて、裁判員制度はなぜはじまるのか?
自分で考えてわからないとは、やっぱりこの手のコメンテーターの仕事とか
マジ断ったほうがいいですよとしか言いようがない。

最近では法務大臣の死刑執行のニュースでだれだったか
加藤だったか忘れたが、そいつも言ってたとおり有罪率99.9%なわけですよ。
これだけじゃなくて、散々警察のむちゃくちゃな取調べ問題やら
数ヶ月前にも地上波で放送された「それでもぼくはやってない」の映画やら
とにかく散々問題視されてるでしょうに。

いやね。たしかに、裁判員制度の問題はわかりますよ。
ずぶのド素人が判断するなんて恐ろしいってね。
しかし、あまりにもその意見だけというのは一面的な見方にもほどがあるんですよ。
早い話が、それではどっかのリストラされたなんちゃって記者と同レベルなんですよ。

法律のプロ?
今の裁判官どもが本当の意味でプロだというのなら、
恥ずかしいむちゃくちゃな判決理由が量産されるなんてありえないでしょうが。

そもそも、法律で裁く法律で裁くと、のたまってらっしゃるが、
それ以前に、裁判っちゅうのは事実認定が重要なわけですよ。
被告人がなんていう法律を犯している疑いがあるのかどうかっつうのは
裁判員が素人であろうが、検事が主張して刑罰だって求刑するわけだから、
有罪か無罪かとかってことを判断する上ではほとんど、
どうだっていいわけですよ。
つーかそんな法律の誤認による誤審なんて、それこそ
本物の裁判官もいる中で行うことになってる裁判員制度で起こりえるわけないでしょ。
おこったとしたら、その裁判官はいったい何してたんだっつうことになるわけで。クビだよクビw

法律があればすべて問題なく裁きが下されるんならそもそも裁判所がいらないわけで。

法律なんてなにをやったらどういう罪に問われるかとかそういうことが
きまってるだけのもんでしょうが。

現状裁判官が今やってるのは
検察官や警察が言ってるんだから間違いないから
とにかくむちゃくちゃな理論でも有罪になるように判決理由を述べることだろ。

99.9%なんていう有罪率がおかしいのは、中身を見なくたって
その数値の時点でおかしいです。
間違いだらけの人間がなーんでそんな数値をたたき出せるんでしょうかね?
日本の工業製品みたいに、不具合率はコンマなに以下に収めようとか
そんなノリですか?

まぁマスコミやいろんなもんに踊らされるわけじゃないですが、
しかし、裁判官は有罪判決にしないと出世できないとか、あほかと。

そういう腐りきった組織を変えるのは並大抵のことではなく、
ひとつの解決策として裁判員制度ってのは悪くないと思いますがね。

今日もニュースでやってましたけど、どうしようもねぇ性犯罪者が
豚箱から出てきて再犯してまた捕まって、今度は無期懲役とかなってましたけど、
このとおり、そのプロが裁いたってまたすぐでてきて、
再犯してるわけですよ。
そもそもそんな現状の日本の法律では、そんなやつは
少なからず野放しになっているし、
無罪判決が増えた結果、野放しになるやつが少々増えたとしても
たかが知れてるでしょうが。

とんでもないやつらを野放しにすることになるかもしれないだろ!
っていうのなら、出てこれないように
終身刑ってもんを定めるべきだし、それ以外にも
性器切り取り刑とか、ほかにやることがあるだろ。

それ以上に、何の罪もない人を裁きまくってる事実をどうすると。

あと、上でちょっと出しましたけど、法務大臣の死刑執行命令の問題ですが、
ま、たしかに冤罪だったら大変なことに・・・というあたかも
正しい意見が出てきてますが、これも現状、死刑にまでなるのって
もう、どうしようもないぐらい犯人確定してるっしょ。
冤罪が・・・というのならそれは死刑執行が問題なのではないわけで、
死刑判決が確定している人間を死刑にしないのは完全に法務大臣の怠慢であり
越権行為とも言えることでしょう。

なーんで、法務大臣の裁量で死刑にしないとかできるのかと。
なに様だっつうはなしで、それこそ法律に基づいて仕事しろっていうことで、
鳩山は、たしかにたびたび言動はあれだけども、
執行していくということ自体は、なんら問題のあることではなく、
むしろ、執行命令をださなかったいままでの役立たずどもどうにかしろと。
死刑判決無視かよと。

ほんとこれもそうだけど、三権分立とは名ばかりにしてくれちゃってる
「司法」担当の方々はいい加減ちゃんとしてください。
その責任者たる最高裁判官どもをクビにできる国民審査の際は
わたしゃ毎回不信任にしてるんですがね。なんで国民は信任するんでしょうか?
ちゃんと選挙してください、行ってください。

ろくに仕事してないのにとんでもない給料なんですよ?

大体、日本の責任者の方々にはほんと、責任逃れしたい人が多すぎます。
死刑についてもそうだし、総理大臣にしたってどこぞの党首にしたって、
いざ、難しい判断やら決断に迫られたときには先送りにしようだとかさぁ。

その覚悟がねぇなら責任者になるなよ役立たずどもが。

権利は欲しいけど責任はとりたくねぇって、
そんなもんガキの言い分だろう。
そんなガキどもにガキのことをとやかく言う資格はねぇ。

年金や税金の無駄遣いにしても、こんなもん完全に横領だろうが。
なーんで、責任取らない人とかいたりするんでしょうか?
もちろん、なかにはとっつかまってる人はいますけど、
結局、税金やら何やらで穴埋めと。

ま、国民自身が選んだ政治家やら、国民自身が信任した裁判官やらが
上にいててこうなったわけですから、(官僚は直接選べないとはいえ)
無駄遣いされて、自分らの身銭きってまた穴埋めするってのも
国民の自業自得といえば自業自得なわけですよ。ざまーみろw

だが、なんでワシまで穴埋めせにゃならんのじゃボケが!

ま、勝手に選挙行かない人は行かないでおいてください。
結局自分の首を絞めるだけですから。
私もこの国にうまれた以上、どんだけ選挙いったって無駄なんでしょうけど
日本にうまれたからしょうがないってなことで。

ただ、選挙にもいかねーやつは、どんなクソ政治家でも批判する権利はない。
そのことはわかっておいてもらいたい。
まったく関係ないネタ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |