べつに巨人ファンじゃありませんw
2008 / 06 / 09 ( Mon )



ってなことで、ちょっとした理由により急遽
行ってまいりました。巨人、西武戦。

もちろん、E-3と70-300という装備で。

ホームの東京ドームで、序盤は完全に投手戦。
後半になって巨人打線爆発で、ホームだけに大盛り上がり。

親父の影響でどっちかというとアンチ巨人なんですがねw
まぁ、ここは東京人になりきって応援しておきましたよ。
(しかも親父は西武ファンなんだけどもw)

別に親父といったわけでもないんで。
親父は実家ですからねぇ。まぁ当然ですが。
しかし、そのうち親孝行で西武球場にでも連れて行こうかとかは
思ったりもしましたけど。

やっぱ、プロ野球もなかなか乙なものですなぁ。
谷は結構好きなので、彼がきっちりホームランまで打ってくれて、
ピッチャーは若きエースの内海だったし、
最後には剛速球のクルーンまででてくる始末で
さすがに名だたる選手が目の前でプレーしてるかと思うと
興奮せずにはいられない。

クルーンなんざ159キロだとか平気で出しやがるし
とんでもねぇw
バットはへし折るわ、変化球投げても145キロかよw
尋常じゃねぇよw
ってわかってはいた事だけど、実物見ると化け物だわw

で、写真関係につきましては、
なんとか撮れたってかんじですな。

どうしても売り子や客がちょろちょろするので
撮りようがないときもあるし、
そもそも、かなり前のほうの席だったので
臨場感はあるんですが、網がやっぱじゃまだなぁと。

実際はボケてほとんど気にならんのですが、
支えの太い棒みたいなのとかはさすがにボケきりませんし。

あと、かなり偶然なんですが
私の座ったところはなぜかオリンパス率タカスw

半径10メートルぐらいのうちに、私以外に二名も
オリンパスのDSLRを持ってました。

一人は20代ぐらいかな?の男性がE-500だと思いますが、
14-54mmつけてました。まぁ友達との写真重視ってとこでしょう。

もう一人は、よく見てなかったですが中年の男性?
私と同じく70-300mmを使ってましたが、カメラは
現行系の三桁機でした。
おそらくE-510かE-520だと思うんですが、
(410、420の可能性もあるかなぁ・・・と)
左前方ちょっと下からちらと見ただけなんで、
グリップ部も見えなかったですし、まして510と520との差なんて
わかりっこないのでw

なにこのオリンパス率w

きてるよきてるよっ!俺きてるよ!

って感じw


しかも、今日仕事終わりかけのころ、
謎のウクライナ人の女の子が職場にいきなりやってきて
民芸品売り込みにきたりと・・・
かわいいから許すけど・・・

やっぱり、俺最近。なんかキテルキテル!!!w
70-300 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今月のカメラ雑誌
2007 / 12 / 21 ( Fri )



いやー。みてきましたよ。首痛い。
ちょうど年明けを迎えるってことで各誌、付録にカレンダーがついていて
買ってもいいかなーなんて。

個人的に有名どころかなーってのが
アサヒカメラ。日本カメラ
デジタルカメラマガジン(DCM)、CAPA
ってところですかね。

特に私などはDCMが月刊化される前あたりからされたあたりでは
結構愛読してたりw
つってもその頃はカメラも持っていませんでしたがねw
まぁその中でも2誌がネコのカレンダーってのがなんともネコ好きにはたまらんと。

今回記事としては正直思ったほどガチンコ比較って感じではなかったかなぁと。
アサヒカメラなんかはオリンパスネタほとんどなかったような・・・
そのかわりといってはなんですが、付録のカレンダーは
岩合さんのネコもの。それでもって岩合さんということで
当然のごとく全月がオリンパスロゴ入りでカメラはもちろんオリンパスとなっていて
信者としてはこれだろ!っていうカレンダーに仕上がっていますw

しかし、記事的にあまり魅力がないからなぁ・・・
その点ではやはりDCMであろうか。こちらもネコのカレンダーで
雑誌の表紙もネコw
また記事の内容としてはAFだけを取り上げて各社中級機以上で
比較をやっていて、しかもAFポイントを全点からオートのとき
どこにピントを合わせに行くかというとても興味深いテストを
行っており、記事としての価値も高い。
もともと、雑誌の紙なども比較的しっかりしていて見やすかったので
昔よく読んでいたってのはあるんですが、定番記事の中でも
レンズ2本の比較記事などもいつも質が高い。
時折広告費がどうの・・・といわれがちだが、まぁそこらへんは
ある程度フィルターかけてみるべきかなと。

あとはデジタルフォト誌だったかで、AFについてオリンパスの開発者に
インタビューしている記事が個人的には興味深かった。
といっても、コアすぎて理解できる人がどれだけいるんだよ・・・とw
私?わかんねーよw
まぁ既知の内容は理解しているんですが、かなり詳細にわたって
説明があったのでなるほどーと思うところやら、それ以上つっこまれると
もうなにがなんだか・・・w
ってところもありましたね。

とはいえ、E-3でグリップとマウントの間にある光源センサーで
光源を感知しているわけですが、それによってもAFを微調整しているとは驚きでした。

たしかに、極端な例として銀塩のころ赤外線フィルムでの撮影の際には
ピントを合わせた後に、少しずらす必要がありますが
(昔のレンズや銀塩ボディなんかではそれ用の目安となる
赤線がボディやレンズに記してあったりします。
その線の分ずらせば赤外線撮影の際ピントがあうという目安の。)
このように光の波長によってピント位置が変わるのは確かなことで。
とはいえ、そこまでやるか?とw

そんなこんなでまぁ長時間立ち読みで疲れたので
まぁ適当なところで切り上げてきましたが、久々にDCM買おうかなぁとか。


ただ、一個気になった点が。
AF比較記事ですが、特に暗所性能でE-3は驚愕の-2EVから!
見たいな結果になってますが、そのテストの際使われたレンズ。
ニコン、キャノンがフルサイズ機もあったため各純正24-70F2.8。
まぁこれはいいでしょう。
ソニーがなぜか100mmF2.8。
いや、まぁF2.8ズームないからしょうがないけど、画角違いすぎませんか?

ま、まぁいいです。ここまでは大目に見ましょう。
明るさに違いはないわけですから。
つっても、さすがに単焦点のほうが有利ですよ。
なぜなら、AF精度にはレンズ自体の結像性能もかかわるからです。
まぁこの暗所テストは中央一点でのテストですし、
有利なはずのα700がイマイチな結果ですから良しとしましょう。

しかしね。

しかし。

いくらなんでもオリンパスだけ50mmF2macroは無いっしょ!

明らかに有利です。有利すぎます。
なんで、オリンパスだけ一段明るいレンズなのかとw

露出はF2.8に固定・・・って意味ねーよ!
AFのときに露出なんて何の関係もねーよ!
まぁオリンパスのときだけそれにあわせて光量をちょうど
一段落としてテストしたのなら問題ないんですがね。


あったりまえすぎる話ですが、AFセンサーはボディ内にありますし、
当然レンズを通った光を受けてそれを検知するわけですから、
これまたあったりまえですが、開放F値が明るいレンズほど
暗い場所ではピント合わせやすいわけです。それはMFだろうとAFだろうと
同じです。
だから、他社よりも一段明るいレンズを用意しているオリンパスは
少なくともAFに関しての暗所では他社より有利なんですね。
よく、一段明るいレンズがあっても高感度だめだから・・・と
チンケなことをいわれますが、ことAFに関してはレンズ明るいもん勝ちです。
シャッタースピードもISO感度も何の関係もありませんので。

と、ちょっと脱線しましたが、そんなことで
もし、オリンパスのときだけ光量を落とした状態で
テストしていないとしたらちょっとおばかな
記事に成り下がってしまっていますが・・・

もしかして、私の知識間違ってます?
レンズの明るさが関係ないなんて事はないと思うんですが・・・
でなければ、テレコンかませてAF使えなくなるレンズがあるわけですが、
それの理由がないですしね。
F2.8に設定して絞り込んだ状態でAFでもしたんでしょうか?
とおもったんでやってみましたが、AF作動させた瞬間
開放になります。当たり前ですねw
ま、選定としてオリンパスには純正でF2.8通しのズームがないので
仕方が無いのかもしれませんが・・・
シグマじゃぁAFテストはまずいという判断は正しいでしょうしw
一番公平なテストになりそうではありますがね。全社シグマレンズでテストってのは。
まぁ個体差はげしすぎて厳しそうですがw
70-300 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
まだ見れてないですw
2007 / 12 / 20 ( Thu )



各雑誌。
某所によるとさすがにAF性能の評価はやはりいいみたいですね。
ま、詳しくは自分でも読んで見ないと・・・


某所で長文書いてもったいないのでこっちにもw


・・・前略
とはいえ、Wiiのような前例もあるから場合によってはひっくり返る可能性もある。
正直PS3、Wii対決前はどうかんがえてもWiiの方が面白そうだけど(昔からの任天堂信者ですがw)
またどうせPSが売れるんだろ・・・

とか思ってたが、見事に返り咲いた任天堂。
ファミコン、スーパーファミコン時代(第一次家庭用ゲーム機普及)
=Pen時代、デジカメ以前(第一次カメラ個人普及)

PS時代(第二次家庭用ゲーム機普及 光ディスク化 任天堂は64)
=コンデジ、デジ一登場時代(第二次カメラ普及 デジタル化 交換レンズ式が台頭する中オリはE-10)

PS2時代(前世代に引き続きトップの力を見せ付けた時代 任天堂はGC DSで新時代を予感させるもひっくり返すまでには至らず)
=キャノン全盛時代(デジ一の一般普及、こちらもトップメーカーの力を見せ付けた時代 そんななかオリはフォーサーズ立ち上げ。新時代を予感させるw)

Wii時代(ゲームの本質にこだわり続けた任天堂が作り上げた全く新しいゲーム機に、ソニーの出遅れや割高といった自滅により勝敗を分けた)
=いまここ

時代あわねぇよwってところなんだが、歴史の流れとしてはこういう感じってことで。
結局は本質を追い続け、驕れるものが調子こいて高くても売れるぜぇ!生産量少なくても超高画質なら売れるぜぇ!
ってやったら痛い目を見たっていうところでは面白いサンプルではないかと。

PS,PS2時代は3D描画能力マンセーみたいな感じ。それはちょうど高感度、高画素マンセーのデジカメ。

その勢いでPS3を開発するも、失敗。
これは、PSは3Dゲームの誕生や光ディスクといった新しさで売れたこと、
PS2はDVDプレーヤーとしてのお買い得感によって売れたことが大きかったにもかかわらず
それを理解せず、テープからDVDほどのありがたさのないBDではそれほど魅力ではく、
また値段が高い事で売れないのは当然。
せめてPS3がHDDレコーダー機能を持っていて、HDD容量もケチらなければあるいは・・・だったかもしれないが。

同じようにコンデジ初期のころD1やD60、D30の時代はとにかくデジタルであるという新しさ、フィルムからの明らかな変革により売れ、
Kissデジからの時代は、圧倒的な高感度性能とお買い得感によりシェアを伸ばしたわけだ。
それにもかかわらずフルサイズに向かうデジ一業界。
ゲーム業界と同じ事になるのか、それとも・・・


ゲーム業界ではトップのソニーがある程度自滅してくれた所があった為、
(価格設定のミス、最初の需要を満たしきれない製造数など)
このような結果になったって所は大きいかなとは思いますが。
ただ、大きな違いとしてカメラの生成物によって金を稼ぐことはできるけど
ゲームは何も作り出せないことや、
金を使うにしても、その上限も下限も違いすぎることかな。

とはいえ、一般人の視点、消費と言う観点から言えば
どちらも嗜好品であり、技術の進歩により変革し、
その一時の変革に比べて現状では限界が見え始め
たとえ限界が来ないにしても、そろそろこれ以上の性能は
一般の人間には必要ないというところにきていると言う点では共通するかなと。

そうなってくると、Wiiのように根本的に本質を求めたものが勝つ。
映像のリアルさを必要以上に求めていた時代から今は
むしろその考えはニッチになりつつある。

デジカメの画質も手軽に使う上でなんら問題はない所まできたかなと。
A3までプリントしてOKならほとんどの人はOKでしょ。
それどころかE-3の体感フェアではB0プリントの可能性まで見せてくれた。
写真趣味でかなりコアなユーザーでも写真展開くぐらいでしょう。
それでもB0までプリントする人はわずか。
都市部のビルの壁面まで使えるような人はプロの中でもわずかでしょう。
そういう人には1Ds3なりフェーズワンなり使えばいいでしょうけど。
どちらにしろ超高画質、超高感度が必要というのはニッチでしょう。
たしかに高感度については暗い所でのスナップにおいて
D3ぐらいあったら便利なんだろうなとは思いましたが、
FL-50にフラッシュハイボルテージセットなりフラッシュパワーグリップを
使った方が現実的なわけで。


つーかスナップでストロボ撮影していると
FL-50とハイボルテージセットかパワーグリップが欲しいとマジで思いますw
しかし、ハイボルテージの電池はニッケル水素。
三洋さんと組んでエネループの技術で作ってくれたら即買いなんですが・・・
パワーグリップは単二電池か・・・
まぁこれもエネループ&単二スペーサーで無理やりエネループ使えるけどw
電圧的には問題ないけど、撮影可能枚数はあんまり増えないだろうなぁ。
てか、エネループ全部で8本を一気に使うのか。なんかすごいなw
まぁエネループはいくら買っても無駄にならんからいいけどね。

あと、縦位置と横位置でいちいちストロボの向きかえるのがめんどくさい・・・
これを解決するには、フラッシュブラケットプロかパワーグリップで横につけたのと
直でつけたものを上向と横向きにしておいてどっちも発光させて
どっちでもいけるようにするか、
オフフラッシュケーブルとか、ワイヤレス発光をつかって自分の頭につけるとか・・・
これならカメラの向きは関係なく天井に向かって発光される?w
70-300 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
競り合い
2007 / 12 / 19 ( Wed )



師走ですなぁ。
皆さん忙しい日々をお過ごしかと思います。

ウェブなんかではすでに各社中級機の比較記事など上がっているみたいですが、
日付的には今日、明日あたり月刊誌が発売され
こちらでも比較記事がいよいよ本格的に載るものと思われます。
すでに比較されているところが多いのですが、
先月号についてはD300かE-3あたりがβ機の
評価しかできていないというところが多かったように思います。

ま、とはいえ広告費の問題などあるようですのでw
全部が全部鵜呑みに出来るものでもないんですが、
まぁそこそこ有名どころであればある程度まともな
記事を書くかなと私は思っています。
70-300 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
つかれやんした
2007 / 12 / 18 ( Tue )



いろいろ大変でした。

暗いところでのスナップですが、
結局2台持ってうろちょろするのがかなり危険な状態だったので
E-3+12-60+FL-36の組み合わせでほとんど撮りました。

やっぱ、ストロボないときついっす。

AFは思った以上に暗いところでもあってくれます。
これは非常に助かりましたね。
ただ、酒が入っていたりした関係で途中SATを入れたままなのを
忘れており、高感度でノイズ増大・・・
途中で気がついたもののキビシス。

そして、ストロボないとキツイのでやはりFL-36のチャージでは・・・
今思えば、やっぱりズミルクスを中心に使うべきだったかなと・・・
画角的に融通が利くのでということで12-60にしましたが、
(というか、買ったところだからとかまぁいろいろ理由はあるわけですがw)
やはり暗いところでは何はさておき明るいレンズですね。
わかっちゃいたんですが・・・
料理を撮ったりすることもあったので、それも考慮すると
ズミルクスでは寄れないので。っていうのもあったんですが。

あと、細かい設定にまだなれていないところがあって
ちょっとあたふたしてしまったところがまだまだですね。
特に撮影後の写真表示設定で即再生の状態にしていたのですが、
その場合、FnでAF作動させる設定にしていると
撮影後に、半押しして再生状態から抜けてからAFを動作させないと
拡大再生になってしまうということに使っている途中で気がついて、
これはしまった。と思いました。

AF作動しねー!とか思って液晶見たら拡大再生されていて
なるほど・・・と思ったものの、慣れるまで面倒でした。
結構テンパってしまいましたね。

途中シャッター切れねぇ!とか思ったら
いつの間にやらCF使い切っていてバロスw
やっべーシャッターチャンスなのにCF入れ替えとかしてられねぇ!
ってな時のためにxDを念のために入れてて助かったぜゴルァ!
つーか、容量なくなったときぐらい自動で切り替えてくれよ・・・

こちらに帰ってきてから、会社におみやげ買ってきてねー!
とか思ったけど、まぁいいやw金ないしw
70-300 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ